スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メヒコの意地

【メキシコ1-2ポルトガル(D)】
メヒコ

ポルトガルがC・ロナウドやデコといった主力を温存し、半ば控え選手中心。
前半8分にマニシェのゴールでポルトガルが先制。
前半24分にはCKをメキシコのDFマルケスがハンドでPK。シモンが落ち着いて決めてポルトガル2点目。
メキシコは前半19分にCKからフォンセカがヘッドで決めて1点返す。
引き離されず突いていくメキシコ。
後半16分、メキシコMFペレスがこの試合2枚目のイエローで退場。
2点ビハインドで人数的にも不利になり、これで勝負あったかと思われたメキシコ。

しかし、素晴しかったのはここから。

数的不利になると攻撃を抑え、守り中心になりがち。
しかし、積極的に攻めに出るメキシコ。
とても1人少ないとは思えないプレーぶり。
そしてこの試合の分水嶺だった後半12分のPK。
この同点のチャンスをブラボが外したのがメキシコ痛かった。

負けたとはいえ退場者に動揺しない精神力と1人少ないハンデを感じさせないプレーはただただすごい。
一人分空いたスペースをしっかりカバーして後半ポルトガルに得点させなかったし。
戦力がいまいちと言われながらも中々どうして。魅せてくれるじゃないですか。
アンゴラが引き分けたことで決勝トーナメント進出が決定。


【アンゴラ1-1イラン(D)】勝敗によっては両チームに決勝トーナメント進出の可能性が残る試合。前半は0-0で終了し、迎えた後半。右クロスをフラビオが頭で決めてアンゴラ先制。30分に右CKをバフティアリザデが頭で合わせてイラン同点。イランが持ち味の高さを生かして引き分けに持ち込んだが好機を活かせず同点どまりに終りました。【アルゼンチン0-0オランダ(C)】すでに決勝トーナメント進出を決めている両チームなので、まあ、無理はしなかったってとこでしょうか?見所は多かったらしいですけどね。【コートジボワール3-2セルビア・モンテネグロ(C)】前半はセルビアペース。10分にジギッチ、20分にイリッチが得点。コートジボワールのディンダンに1点を返されるもののこのままセルビアリードで前半を終えるかと思われた44分。セルビアDFのナジが不用意なファールでこの試合2枚目のイエローとなり退場。もうちょっと我慢できなかったのか(--*コートジボワールも一人退場者を出していますが、こちらはほとんど勝負の決まった後半終了間近なので影響はなし。後半はコートジボワールペース。動き回ってボールを支配し、同点弾と勝ち越し弾を打ち込み逆転勝ち。セルビア・モンテネグロとしての最後の試合を勝利で飾れませんでした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。