FC2ブログ

悪夢再びと番狂わせ

【イングランド0-0ポルトガル(PK1-3)】
前半は中々互いのFWにパスが回らずいい形にならない。
しかし、C・ロナウドのドリブルはやはり見ごたえ十分
「この人にボール持たせてはいけません!」を地でいきます。
素晴しい。

後半も一進一退の攻防が続くが、イングランドにアクシデント発生。
7分に足を痛めたベッカムが負傷交代。
そして後半17分、カルバーリョを故意に踏んだとしてルーニーがレッドカードで一発退場

このシーン見た世界中の人が8年前のベッカムをダブらせたに違いない。

レッドがでるほど酷いプレーには見えなかったんですけど・・・。
今大会は遅延行為やシュミレーションに厳しくなった分、イエロー、レッド問わずカードが良く出ますが、試合の空気を壊すようなカードの連発はどうかと思う。一人の選手にイエロー3枚出しちゃった審判もいましたからね(この人国際大会には出られなくなったらしい)。
しっかりしていただきたいものです。

ルーニー退場で10人になったイングランド。
ポルトガルがC・ロナウドを中心に猛攻を仕掛けるがイングランドDFが懸命に防いで延長戦も防ぎきり、PK戦に持ち込む。

くりすPK戦で光ったのがポルトガルの守護神リカルド。
2人目から4人目まで3人連続阻止!
最後はC・ロナウドが蹴る前に一瞬止まってタイミングをずらし、落ち着いて右上に決める技ありのキックでポルトガル勝利。
今回もイングランドにとってPK戦は鬼門となった。
W杯では90年、98年とPK戦を2度経験し、いずれも3-4で敗れてます。
なんでツキが無いんだか(^^;



この画像、肩もみしてるように見える(^^;




以下、フランス×ブラジル。【フランス1-0ブラジル】優勝候補筆頭とも言われたブラジルが上昇中のフランスによもやの敗退!8年前と同じ国に敗北したばかりか、連覇の夢も立たれてしまいました(涙)。フランスが ブラジルの攻撃力を押さえ込みました。徹底したロナウジーニョへのマーク、ゴール前でも慌てることなく処理、全体的に試合を重ねるごとに調子が良くなっていくのが素人目にも見て取れる。ブラジルで気になったのが、元々攻撃的なチームカラーとはいえ、これまで目立たなかった守備的不安要素がこの試合に出たように見えます。ダイジェスト見ただけですが、頻繁に相手選手をフリーにするシーンが見られました。決勝点となったアンリのボレーにしろ、マークが外れていたからこそアンリが走りこめたわけだし・・・油断したんかな?う~ん・・・ここで消えるとは。決勝トーナメントが決まった時点ではアルゼンチンとの南米決戦を予想してたんですけどねぇ・・・結局欧州チームばかり残ってしまいました。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード