スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最多優勝か初優勝か、14日目

65f8bbbc.jpg内野席なんて入れるかっっっ!(>_<)
外野も間もなく埋まりまする。
みんな菊地待ちなのがよーくわかる(笑)
カツオたたき丼が買われへん
【第一試合 日本文理2-1県岐阜商】昨日のあの試合運び見たら県岐阜商の勝利は堅いと踏んでいたんだけどな~。山田良かったし、打線もそつなく決めてたし。なのにいざやってみないと解らんもんやねぇ。正直日本文理が残るとは思わんかったもん(^^;日本文理の伊藤は緩急をつけた投球、県岐阜商の山田は低めに球を集めて投手戦になりました。5回に日本文理は先頭打者の切手が左中間に3塁打。これを高橋(隼)が返し先制。6回には主将中村のタイムリーで貴重な追加点。なんとなんとこれで4試合連続2ケタ安打。伊藤は県岐阜商から11三振を奪い1失点完投。しかしPLや帝京といった優勝候補を破ってきた県岐阜商にも意地がある。山田は10安打されながらも2失点で抑えたし(しかも地方大会前に打撲した指で痛み止めを飲みながら)、打線も9回の土壇場で代打古川のタイムリーで1点を返し、食い下がった。帝京戦と2試合観戦しましたが、いずれもいい試合見せてもらいました。日本文理もね、くじ運が良かったから勝てたとか陰口叩かれているけど、今日の勝利でそれも払しょくされた。運だけじゃ決勝までこれませんって。県岐阜商破りゃ十分強い!【第二試合 花巻東1-11中京大中京】出来れば両者とも万全の体調でガチンコ勝負してもらいたかった。誰よりも菊池と堂林が望んでいたと思う。しかし菊池の負傷は一日休んだくらいでは回復するほど、気力で抑えられるほど軽いものではなかった。勿体ない。今大会一番の好カードであったはずなのに・・・。花巻東は2年生の吉田が先発(これで菊池の状態は良くないと思ってしまった・・・)。中京大中京は初回に堂林のタイムリーで先制。2回と3回は無難に抑えましたが4回に中京大中京の打線に火が着いた。この回の先頭打者で都城商戦でも先制の3ランを打った磯村が左中間へソロ。その後柴田と金山の連続安打で1死1・2塁としたところで花巻東は猿川に交代するも流れを止めることができず、2死1・2塁から山中のタイムリーで3-0。ここでついに菊池がマウンドに立ち、球場内から拍手で迎えられるが、やはり怪我の影響は大きく、2死満塁で無情にも河合に走者一掃の3ベースを打たれてしまう。4回も少しだけ投げましたが、結局わずか11球でマウンドを降りてしまいました。その後はベンチから声援を送っていたんですが、声を出すだけでも背中が痛かったようです。その後も中京大中京の猛打は止まらず、5回には伊藤のソロ。6回には河合のタイムリーと磯村のスクイズで2点。7回は金山のソロで2ケタ得点。最後はこの日4本目のホームランとなった河合のソロ。もはや見ているだけでも辛い展開だけど、ここまで花巻東は終盤で得点して勝つパターンが多かったので、期待してたんですが、今日はちぐはぐな攻撃で上手く機能せず、4回のスクイズはかわされ、7回の併殺崩れの間に1点を返すのがやっと。そんななかで来年への希望は先発した吉田がまずまずの投球をしたこと。来年期待してます。今日の熱闘甲子園は涙なしでは見れんかった・・・。後半の手紙集も泣けるじゃないかよ~~~~~!!関学山崎の「アルプススタンドの三日月は一生忘れることはないです」で涙だ~~~~~~~~~~。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。