スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それだけぇ~?????

光星学院への処分が出ました。

厳重注意(のみ!!)

なんじゃそりゃ(--;

more...

スポンサーサイト

雉も鳴かずば撃たれまい

光星学院ベンチ入りメンバーの内、3名が年末の帰省の際に飲酒をしていたことが外部からの指摘で発覚。
同校は看板や垂れ幕などを自粛、各表敬訪問も中止。なお3名には停学処分が下される。

もうね、せっかくの準Vを台無しにして、甲子園でのお客さんの拍手は何やってん・・・優勝した日大三より大きかったんで(ーー;
で、どうしても気になるのが発覚が大会終了後。飲酒そのものは昨年末。どうもタイミングに違和感がある。
学校側も本当は事前に把握していたのではないかという疑問は付きまとう。仮に大会前に高野連に報告していれば、緩くなった近年なら問題を起こした3人をメンバーから外せば出場許可は下りたかもしれない。
【追記:大会終了後に発表されるアジアAAA選手権に光星学院の選手は一人も選ばれていない・・・】
お~い、ということは高野連も既に把握してたってことか?

真面目にやってきた部員
支援してきた関係者
遠くから駆け付けてくれた応援団
遠くから見守ってきた保護者
光星学院に敗退した学校
大会関係者に観客

これだけ多くの人がどれだけ落胆していることか・・・。
3人の準優勝メダルは剥奪すれば解決かもしれないけど、どーすんのよ準優勝。
今更やり直しなんてきかないし・・・まさか準決勝で敗れた2校で敗者復活戦!?

とにもかくにもブログに自分から悪事を薄情したこの3人がドアホ!!!

more...

第93回選手権最終日


本日4時起きです。始発から3本めの電車でGO!
試合始まるまで寝てた(-_-)zzz

球場は試合開始までにほぼ満席となり、日本高野連によると入場者数は昨年と同じ約4万7000人。開門は午前6時25分と例年より約2時間繰り上げたためか、前日から泊まり込みで並んだのは133人と、昨年より39人増えたそうな。
家主が乗った阪神電車の甲子園での下車率は9割でした(笑)。

気温が大幅に下がったので観戦は楽でした。でも湿気が多いので動けばやっぱり暑い。
しかも大会中は良く吹いていた風がほぼ無風・・・。結局冷たいドリンクは欠かせず(でも持参~)。

あかん、眠い!


まだ7時前(笑)


決勝開始2時間半余り前~。
内野席確保したい人は既に動いてます。中央特別自由席なんて長蛇の列(^-^;

日焼けの心配はないものの雨の方が心配なので意地でも銀傘下げっつ!

さて、朝ごはんでも買いに行くかf^_^;

おはようございます〓

半寝状態で出発。
がんばりまっす〓

第93回選手権 12日目

【第一試合 智弁学園6-7作新学院】
正直、家主の認識では作新=江川卓なんですよね(とはいえその頃ってオイラ産まれてたかい・・・な?)。
だからすごかった作新も怪物と称された江川さんも知らない。あれ?作新の監督さんは下手をすると巨人時代すら知らない!?28だもんね。
これだけ間隔が開くと偉大な先輩の実績もピンとこないだろうな。

しかしここまでもつれるとは思いもせず。
9回表、作新は1点ビハインドから無死1塁から板崎が強攻して右前打でつないで、佐藤のセンたー前タイムリーで同点。一死二、三塁から内藤の右犠飛で勝ち越し。
智弁学園は一回に3点先制したが、先発の小野が3回5失点。四回から好救援していた青山も最後まで守り切れず。
作新の先発は4人が2年、1年が1人(しかも捕手ってあんた(^^;))と若いチーム。しかし土壇場の逆転劇に貢献したのは3年。それぞれの学年が良い具合に作用してるのは見事です。この経験は来年にも生きるぞ~。49年ぶりの頂点まであと2つ。

飯野君、美味しいご飯が食べづらいそうだけどお大事に(^^;


【第2試合 日大三5-0習志野】
何と吉永の完封です。あれだけ打ってきた習志野打線がここまで沈黙するのがどうにもピンとこないんですが・・・たった4安打って。決して吉永の調子が良いわけでも無かったのに(^^;チャンスは結構あるのに決定打が出なかったり三振したり。勿体ない。
守備では福山の好捕があり良く盛りたててました。

一方の日大三。吉永は今日もヘロヘロ気味だったけど、誰よりも早く練習を始め、誰よりも遅く練習場をあとにする畦上主将の一振りでとどを差しました。


熱闘甲子園に今治西OBの曽我くんが!
確か大学では上手くいかなかったらしいけど、今も野球は止めてなくて嬉しかったな~。

準決勝組合せ

①決勝2校 作新学院-光星学院、日大三-関西
②優勝校

以上の予想をお願いします。
締切は明日プレイボールの時間です。

第93回選手権 12日目

やっぱり休み明けはきつい・・・(^^;
一応録画してあるけど見る気力が・・・。

【第一試合 光星学院2-1東洋大姫路】
本当に今年は好投手が残らない。原でも駄目か~。
ピンチに3併殺した光星が試合の流れを渡しませんでしたね。
まあ・・・光星が勝ったらそれはそれで被災地の励みになるだろうから構わないのだけど・・・。

【第二試合 如水館2-8関西】
やはり3試合連続の延長戦を戦った後じゃあ疲労がたまってたかな・・・。
しかし今年の関西はなかなかやります。

準々決勝組合せ

17日
東洋大姫路-光星学院
如水館-関西

18日
智弁学園-作新学院
日大三-習志野

トト参加者の皆様へ

本日の第一試合終了後に準々決勝の組み合わせが決定します。

組み合わせが判明次第アップしますので、予想をお願いします。
4校を予想してください。
締切は明日の第一試合開始時刻です。

第93回選手権 10日目

すんません。
帰省疲れと体調不良、あとショックで簡易版にて。

【第一試合 東洋大姫路11-1新湊】
携帯で途中までチェックしてて中々の善戦だったので「よもや」を期待したんですが・・・ミラクルならず。
東洋大姫路の8回の一挙9点の猛攻は見事としか言うしかない。
新湊もよく奮闘した。拍手もんです。

【第二試合 光星学院6-5徳島商】
序盤は点の取り合い。中盤以降は投手戦。
光星学院が徳島商の追撃を振り切りました。

【第三試合 関西7-1明豊】
試合を分けたのは満塁から点を取れたか否か。安打数が多くても「あと一本」がでなければ勝てないという勝負でした。
明豊は6回に史上7回目のトリプルプレーを達成。

【第四試合 智弁学園9-4横浜】
今年の横浜はね・・・涌井や成瀬のような絶対的なエースとまでは言えないと思う。筒香のような強打者がいるわけでもない。全体的にこじんまりとはしているけど機動力を活かした面白いチーム。乙坂のように伝統のユニをあれほどドロドロに汚す選手は初めて見た(笑)。
良く頑張ったんやけどねぇ・・・智弁の諦め無さはそんな彼らを上回ってしまいました。敗色濃厚な9回の8得点。あれをやられたら文句の付けようがないじゃないか。アッパレとしか言うしかないじゃないか。
柳ももうちょっと見たかったな。

第93回選手権 9日目

今大会の特徴。
①好投手敗退
②満塁ホームラン
③エラー
のような気がしてきた。

そしてアルプスの流行はAKBとKARAみたい・・・少女時代は無いんだw


more...

第93回選手権 8日目

【第二試合 帝京5-6八幡商】
あ~あ・・・心配が現実になっちゃった・・・。1回戦であれだけグダグダだったら次がやばいと思ってたら案の定。4年前の佐賀北との準々決勝を思い出しましたよ。最近の帝京は出場してもあっさり負けてしまうケースが多いような気がする。

先発に伊藤でなく渡辺を持ってきたのは正解だと思います。花巻東戦のあの状態じゃ今日投げても芳しくなあったろうし。しかも渡辺が良く投げてました。8回まで八幡商打線に2塁すら踏ませないなんて上出来。来年に期待します。しかし・・・9回のエラーは痛かった。ちょっと勝ちを意識しちゃったかな~。

八幡商のエース吉中も良く投げてました。2ランとタイムリーで3点を失ったものの8回を3失点で抑えてました。9回に代打を出されてその裏リリーフに立った真野、彼は県大会から投げていない重圧の中、冷静に丁寧に投げてました。2番手捕手吉田のリードも上手かったな~(股関節の柔らかさにも驚いたけど)。
遠藤の・・・あの逆転満塁弾には驚いた。点差は2点しか離れてなくても帝京の意欲をそぐのに十分すぎる当たりでした、お見事。最後まで集中力を切らさない方が勝ちましたね。

これがあるから高校野球は面白いんだな~。
八幡商のアルプスの雰囲気も良いなあ~。グラウンド上の勝負を抜きにすれば、あの習志野に真っ向勝負できるかもしれない。

more...

第93回選手権 6日目

今大会は波乱が多いなあ。

【第一試合 海星0-4東洋大姫路】
東洋大姫路が中盤に主導権を握り、快勝。四回一死三塁から妻鹿の右前打で1点を先制。八回には後藤田の3ランでリードを広げた。原はコースを丁寧に突いて7回を3安打無失点と好投し、相手に流れを渡さず。前評判通りの原の投球ですね。兵庫県予選で延長試合+再試合を投げ抜いたスタミナはこの先日程が詰まってくると大きな武器になるんじゃないでしょうかね~。
海星は再三の好機にあと一本が出ず。無安打投球だった牧瀬が四回途中で負傷交代したが勿体ない。

【第二試合 光星学院16-1専大玉名】
光星学院が17安打16得点で快勝。川上の満塁本塁打などで5点先制。六回には打者12人の猛攻で7点を奪っう。さらに川上はランニング本塁打も放ち、7打点の活躍。投手陣も4人の継投で相手打線を5安打1得点に抑えた。
専大玉名は江藤、園道がともに踏ん張りきれませんでした。攻撃でも的を絞りきれず、好機に持ち込めませんでした。う~ん・・・少しばかり期待してただけに残念。

【第三試合 藤代1-3徳島商】
う~ん・・・藤代は初回楽して先制させておらったはずなんだけどなあ・・・その後がさっぱり。
徳島商は龍田祐が4安打1失点で完投。140キロを超える直球に9三振で完投。打線は中盤に3得点。四回に生田が同点打、岸が勝ち越し打をそれぞれ放ち、五回に幸田の適時二塁打で加点。

【第四試合 九州国際大付2-3x関西(延長12回サヨナラ)】
若生さんは何で優勝に縁が無いんだろうか・・・。9回に土壇場で追いついた攻撃が良かっただけにきっちり守りかった。延長12回に交代した大江が裏目にでちゃいましたね。2つの四球は出しちゃいかんでしょう。
三好に援護が無くてかわいそうです。

第93回選手権 二日目


家主初参戦。

現地は意外と涼しかったです。
案の定第2試合で内野席は売り切れ。追加発売を30分強待つことに。
ただ、列待ちの背後女2、男1のねーちゃんの会話に萎えた・・・。ピンクの字はねーちゃんズ、その下は家主の心の声(^^;

「2日目でこんなに混むなんて信じらんな~い!」
(いや、ふつーに考えて帝京と花巻東なら好カードだろう?)
「あ、そっかあ~。震災あるからみんな来るんだ」
(あの・・・菊池雄星の母校なんやけど?ほんの2・3年前に準優勝してるから強豪校やん・・・)
「今日、八商(八幡商)メインで来たのに、こんなんで入れんのかな~」
(がく、花巻目当てじゃないんかい!しかも八商って・・・今並ばんでもこの試合終わってから十分入れるって。たぶんガラガラだろーし・・・)
「最初の方と準決勝からは来てるけど、2日目でこんなに混んでんの初めてやわ」
(は?何度も来てて注目校も知らんの??)

こういう会話を背後で延々としてました・・・。
単に試合が見たいだけなんか???しかもキンキン声でしゃべるから煩いったらありゃしない。しかも20代後半と思われるねーちゃんだったし・・・女子高生じゃあるまいに・・・

more...

第93回選手権 第一日

【第一試合 健大高崎7-6今治西】
いやはやお見それしました(^^;
初出場・開幕試合・伝統校相手と三重のプレッシャーがかかるのに堂々たる試合運び。持ち前の機動力を駆使し、序盤3回の主導権を握っていたのは間違いなく健大高崎。
しかし今治西がタダで引き下がるわけも無く。4回に1死から5連続安打と2点タイムリーで大量5点を挙げ逆転。それでも健大高崎の子お炉が折れることは無く、最終回に2点ビハインドから無死2・3塁から柳澤の同点タイムリー(なお、3回には2ランスクイズあり)、6回からリリーフしている片貝のタイムリーで勝ち越し。
継投策でも今治西の先をいってました。

【第二試合 金沢4-0伊勢工】
注目の釜田登場。
投げては釜田が5安打10三振の好投。打ってはチームの全得点を大会第一号の3ランを含み越田が挙げました。とはいえ伊勢工にチャンスが無かったわけでもなく・・・初回に3塁打を打ったはずの橋本が2塁ベースを踏み忘れたのを金沢の2塁手が外野に指示を出しつつ、顔だけ振りかえってランナーがベースを踏んでいるかしっかり確認。しっかりアピール。試合の最中でも普段通りの集中力と冷静さ・・・恐るべし(^^;

【第三試合 聖光学院5-4日南学園】
どうにもスッキリしない部分が残った試合。
聖光・歳内のスプリット封じ対策と言ってしまえばそれまでだけど・・・意図的にバッターボックスギリギリに立つのって・・・いや、ルール違反にはなってないんだけど、露骨なのもなんだかな(汗)。守備妨害3回の試合って初めて知った。
最終的には歳内が自らサヨナラタイムリーを放って結着を付けたとはいえ、歳内は打球を右手に受け、捕手の福田は3度バットでミットを叩かれ左腕の打撲・・・。次の試合までにどこまで回復するか心配。

さて、あしたは家主参戦予定。

トト甲子園2011・夏 開幕!


トト甲子園2011・開幕!


【ベスト8までの本年度ルール】

≪出るか、最後の大逆転!?ボーナス点獲得ステージ≫
◎本命(10p)
○対抗(5p)
×穴(3p)
夏は最後までトーナメントが決定していないので、開幕前予想とします。
締切は開幕戦プレイボールの瞬間とします。

ここからは通常予想。
☆ベスト16まで予想校が勝ち上がるごとに1p
①1回戦の勝利チーム(17チームを予想)
②2回戦の勝利チーム(16チームを予想)
※1回戦から出場のチームは2度予想することになります

③ベスト8(8チーム)→2p
3回戦までのトーナメントが決定すると思うので一気にベスト8まで予想してください。

※①~③まで締め切りは開幕試合プレイボールの瞬間まで。
※ベスト4以降の予想は準々決勝の組合せ後(予定では大会11日目(16日))に行ってください。



なお、1回戦に限り途中参加(ただし翌日分より)OKとします。
それではどうぞ!
コメントもご自由に。

組み合わせ抽選決定

組み合わせが決まりました。
初日からいきなり聖光学院が出ます。しかもあいてが日南ですからね~。面白い対戦です。震災のハンデはあるでしょうが、被災地もしくは対戦する高校には思う存分がっぷり四つの勝負をお願いしたい。

花巻東vs帝京
至学館vs東大阪大柏原の激戦区を勝ち抜いた初出場校同士の戦いも面白そう。
花咲徳栄vs智弁和歌山
日本文理vs日大三
あたりが興味を引くカードです。

もちろん平安も応援するぞい!
初戦の相手は富山の新湊。


【12日までの組み合わせ】
●大会第1日(8月6日)
◇1回戦
第1試合
健大高崎(群馬)-今治西(愛媛)

第2試合
金沢(石川)-伊勢工(三重)

第3試合
聖光学院(福島)-日南学園(宮崎)


●大会第2日(8月7日)
◇1回戦
第1試合
静岡(静岡)-習志野(千葉)

第2試合
明徳義塾(高知)-北海(南北海道)

第3試合
花巻東(岩手)-帝京(東東京)

第4試合
八幡商(滋賀)-山梨学院大付(山梨)


●大会第3日(8月8日)
◇1回戦
第1試合
作新学院(栃木)-福井商(福井)

第2試合
古川工(宮城)-唐津商(佐賀)

第3試合
如水館(広島)-関商工(岐阜)

第4試合
至学館(愛知)-東大阪大柏原(大阪)


●大会第4日(8月9日)
◇1回戦
第1試合
糸満(沖縄)-英明(香川)

第2試合
神村学園(鹿児島)-能代商(秋田)

第3試合
鳥取商(鳥取)-白樺学園(北北海道)

第4試合
花咲徳栄(埼玉)-智弁和歌山(和歌山)


●大会第5日(8月10日)
◇1回戦
第1試合
日本文理(新潟)-日大三(西東京)

第2試合
開星(島根)-柳井学園(山口)

◇2回戦
第3試合
龍谷大平安(京都)-新湊(富山)


●大会第6日(8月11日)
◇2回戦
第1試合
海星(長崎)-東洋大姫路(兵庫)

第2試合
光星学院(青森)-専修大玉名(熊本)

第3試合
藤代(茨城)-徳島商(徳島)

第4試合
関西(岡山)-九州国際大付(福岡)


●大会第7日(8月12日)
◇2回戦
第1試合
東京都市大塩尻(長野)-明豊(大分)

第2試合
智弁(奈良)-鶴岡東(山形)

第3試合
横浜(神奈川)-第1日第1試合の勝者

組合せ速報!

http://sportsnavi.mobile.yahoo.co.jp/p/spnavi/special/det/?spid=176&pageid=4057&genre=1&subgenre=6&ySiD=ZvE4TshRkK0Xe21hNUcy&uid=NULLGWDOCOMO&ySiD=ZvE4TshRkK0Xe21hNUcy&guid=ON

トト甲子園2011・夏 概要

今年はちょい夏バテ気味・・・年くったな・・・orz



トト甲子園2011・夏開催!!


【本年度ルール】
今年もとりあえずやってみる。うん。


≪出るか、最後の大逆転!?ボーナス点獲得ステージ≫
◎本命(10p)
○対抗(5p)
×穴(3p)
夏は最後までトーナメントが決定していないので、開幕前予想とします。地元を推すも良し、お気に入りを推すもよし、真剣に狙うも良しw。
締切は開幕戦プレイボールの瞬間とします。

ここからは通常予想。
☆ベスト16まで予想校が勝ち上がるごとに1p
①1回戦の勝利チーム(17チームを予想)
②2回戦の勝利チーム(16チームを予想)
※1回戦から出場のチームは2度予想することになります

③ベスト8(8チーム)→2p
3回戦までのトーナメントが決定すると思うので一気にベスト8まで予想してください。

※①~③まで締め切りは開幕試合プレイボールの瞬間まで。
※ベスト4以降の予想は準々決勝の組合せ後に行ってください。



④ベスト4→4p
⑤決勝2校→6p
⑥優勝→15p
※準々決勝の組み合わせ、準決勝組合せが決定次第順次アップしますので、その都度選択してください。締め切りはいずれも準々決勝・準決勝の第一試合プレイボールの時間です。時間厳守でお願いします。
(ベスト8からは全参加者で唯一の勝利校を予想された方にボーナスポイント3pを加点します)


繰り返しますが、組み合わせが決定次第アップしますので参加者の方は予想をお忘れなくお願いします。
皆様の参加お待ちしておりますm(__)m

49代表揃いました

【大阪大会決勝 東大阪大柏原7-6大阪桐蔭(9回サヨナラ)】
う~ん・・・家主の希望としては大阪桐蔭に出て欲しかったんだけどな~。あのでかすぎるエース藤浪(196あるらしい)を現場でみたかった。あと1年あるから出てきて欲しいけど。身体大きいけど投球はダイナミックなんだよな~。
でもこの結果じゃあ東大阪大柏原(ええい、めんどくさい!)を褒めるしかないんだなぁ。初回に1点を先制したものの、三回に一挙4点、四回にも2点を失い5点ビハインド。しかし、四回に1点を返し、七回に3点、八回に1点で同点とすると、九回裏に3塁打と連続敬遠で1死満塁策に出、結果押し出し四球を出した大阪桐蔭の後続を責めるのは酷かなあ。
東大阪大柏原はエースが3回で降板するアクシデントもなんのその。5点差をひっくり返す大逆転勝ち。

春夏通じて初の甲子園おめでとう。
全国指折りの激戦区を突破するなんて大したものです。


ん?外部コーチに桑田父!?ほんまかいな??
なんだっけなあ・・・卒業生に間寛平とか板尾創路とかはるな愛がいるんだってさ~。濃い面子だなぁ(^^;

more...

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。