スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選抜出場校決定

第82回選抜高校野球大会の出場校が決まりました。

■21世紀枠
山形・県立 山形中央 初出場(夏なし)
徳島・県立 川島 初出場(夏なし)
和歌山・県立 向陽 36年ぶり15回目(夏7回)

■北海道地区
北海道・私立 北照 10年ぶり3回目(夏1回)

■東北地区
秋田・市立 秋田商 4年ぶり6回目(夏15回)
岩手・私立 盛岡大付 7年ぶり2回目(夏6回)

■関東地区
神奈川・私立 東海大相模 4年ぶり8回目(夏7回)
埼玉・私立 花咲徳栄 7年ぶり2回目(夏1回)
群馬・県立 前橋工 15年ぶり4回目(夏9回)
千葉・私立 東海大望洋 初出場(夏なし)

■東京地区
東京・私立 帝京 3年ぶり14回目(夏11回)
東京・私立 日大三 8年ぶり17回目(夏13回)

■東海地区
岐阜・私立 大垣日大 3年ぶり2回目(夏1回)
愛知・私立 中京大中京 3年連続30回目(夏25回)
三重・私立 三重 15年ぶり10回目(夏10回)

■北信越地区
富山・県立 高岡商 4年ぶり4回目(夏16回)
福井・私立 敦賀気比 2年ぶり3回目(夏5回)

■近畿地区
兵庫・私立 神戸国際大付 5年ぶり3回目(夏なし)
大阪・私立 大阪桐蔭 3年ぶり4回目(夏5回)
京都・私立 立命館宇治 6年ぶり2回目(夏2回)
兵庫・私立 神港学園 4年ぶり5回目(夏3回)
奈良・私立 天理 3年連続20回目(夏24回)
和歌山・私立 智弁和歌山 2年ぶり9回目(夏17回)

■中国地区
島根・私立 開星 2年連続2回目(夏6回)
岡山・私立 関西 3年ぶり10回目(夏7回)
広島・私立 広陵 3年ぶり22回目(夏19回)

■四国地区
愛媛・県立 今治西 4年連続12回目(夏10回)
高知・私立 高知 3年ぶり15回目(夏13回)

■九州地区
沖縄・県立 嘉手納 初出場(夏なし)
宮崎・県立 宮崎工 初出場(夏2回)
沖縄・私立 興南 2年連続4回目(夏8回)
福岡・私立 自由ケ丘 初出場(夏なし)


沖縄が2校って初めてですよね。
何気に東海地区の3校が脅威です。
個人的には・・・天理と智和歌のブラバンを楽しみにしております(こら!)。
スポンサーサイト

まともに放送してくれ~

【四大陸選手権 女子】
もう本当に韓国で国際大会するの止めようよ・・・。
演技より順位より選手の身の安全を心配しなきゃいけない試合なんて心臓に悪いったら。

妨害予告くらいは予想の範疇中でしたが、ホテル従業員による盗撮ってどういうこっちゃ。モラルもへったくれも無い(しかもこの従業員謹慎処分で済んだという・・・)。

お~い、先月おたくの国の女王様がGPファイナルで来たとき、日本人はそんな失礼な事したか?
ブーイングが起こってもおかしくなかった会場もフィギュアファンは大人の対応で迎えたぞ。

日本が過剰に反応だなんてよく言うわ(呆)。
過剰にならざるを得ない前科がありすぎるんですが。



真央ちゃん、鈴木さん、遥ちゃんお疲れ様でした。
後は無事に日本に帰ってきてちょうだい(切実)。真央ちゃんと鈴木さんは衣装を新調してきましたね。スパンコールを足して豪華さアップ。これがオリンピック仕様になるのかな?個人的には鈴木さんは前の方がいいような。清楚さが出てていいと思うんだけどな~。肩の布が描くシルエットも綺麗だったし。真央ちゃんはSPは重箱の隅をつつくようなタイムオーバーの減点や、3Aのダウングレード判定(これは仕方ない)でプレッシャーはあったでしょうがフリーで挽回。3Aは2つとも認定されました。ただ、あのストレートラインステップがレベル2ってのはちと納得がいかないけど。相変わらずPCS低いね・・・もうちょっと評価してくれてもいいんじゃあ・・・鈴木さんもだけどさ(--;鈴木さんはSPで予想外の(ごめんなさい)首位発進。フジテレビがSP放送(すぽると内での放送は見逃した)してくれないもんだからYou Tubeで見るしかないけど、非常に稀なストレートラインステップのレベル4、スピンも全てレベル4とは中々見れません。フリーは3Loの予定が2回転になってダウングレード判定がついたのでほとんど点はありませんが、大崩れしないのがこの人の強み。他はちゃんと決めて真央ちゃんに逆転は許したものの、SP1位、フリー2位は自信持っていいです。バンクーバーでも思う存分踊っちゃってください。今井遥ちゃん。負傷欠場の中野さんの代理出場で初の世界シニア大会ということで緊張もあったでしょうが。良く頑張ったと思います。この人の笑顔は清楚系の癒し効果があると思ってます(笑)。フジテレビよ、少々遅れてもいいから女子のSPも男子も放送して~。下手したら女子より豪華な面子じゃないか。レイノルズ君いるしさ~、ムロズいるしさ~、ソーヤーいるしさ~、リッポンもブラッドレイもいるじゃないか~。当然南里くんと、町田くんと、欠場した小塚くんの代理出場の中村くんもいるじゃないか~!!あ、韓国って女王様以外にも結構いるんだ。男子もいたのね(^^;

久しぶりの邦楽ですな

19972007(初回生産限定盤)(DVD付)
19972007(初回生産限定盤)(DVD付)
クチコミを見る


えー、この前買った邦楽CDは誰のだったか記憶にないくらい久しぶり。
(たぶん中孝介の2nd以来かな)
発売日に買ったのも久しぶり。
それだけ心待ちだったのですよ。

こういうバンド(ユニットか?)が日本に存在してくれるだけで嬉しいし感謝。実のところ、まだはまって日が浅いのですよ。サマソニ09のダイジェストを深夜に放送してて一目惚れ。カッコつけた洋楽の物まねじゃなく、限りなく洋楽に近い音の衝撃は半端じゃなかった。耳だけで聞いたら完全に海外アーティストにしか聞こえない。でも映像で見ると日本人、のギャップに参ってしまいました。いいね、こういうの。これからも独自路線突っ走ってほしい。ただ、熊木杏里嬢とTHE BACK HORNと、森久保翔太郎で思いっきり悩みましたけどね(^^;つくづく売れ線とは縁のない家主です。

欧州選手権ペア

【ペア】
川口悠子・アレクサンドル・スミルノフ組がSP2位からフリーで逆転して優勝。
CSがない以上頼りの綱はYou Tube。
サイドバイサイドのジャンプを1つミスったくらいじゃないですかね?
スロージャンプは綺麗に降りてるし、高いリフトもツイストも綺麗ですぅ~。
そして何より悠子ちゃんの柔軟性が凄すぎ(^^;
曲と振り付けの組み合わせも好きですね。後半のウィンナ・ワルツに入ってからの盛り上がりは見てて楽しくなります。
パートナー探しに翻弄され、ロシア国籍を取得してまでの熱意が報われて欲しいです。ほんと。

2位のサブチェンコ・ゾルコビー組。
このペアはトリノ五輪後のシーズンはぶっちぎりで強かったのに、ベテランの申・趙ペアの復帰や川口・スミルノフ組の躍進ですっかり影が薄く・・・が、がんばれ(^^;
上手いんですけどね。

ごめんなさい、他のペア全くわからない(^^;


豪勢な表彰台だな~

【欧州選手権 男子シングル】

1位:エフゲニー・プルシェンコ(RUS)
   SP:91・30(1位・世界歴代最高点)
   FP:164・09(1位)
   計 :255・39

2位:ステファン・ランビエール(SUI)
   SP:77・75(5位)
   FP:160・79(2位)
   計 :238・54

3位:ブライアン・ジュベール(FRA)
   SP:88・55(2位)
   FP:147・09(3位)
   計 :236・45


もうプルシェンコは完全復調しましたね(^^;
SP、フリー共4T・3Tのコンビネーションは加点が貰える出来。スピンはすえてレベル4。ストレートラインステップがレベル2しかもらえてないのが少し気になりますが、スコア見る限りフリーのルッツが2回転になった以外はミスってない。

ランビエールも五輪に帰ってきますね。
アクセルが2回転になったりとか、着地が乱れたりとミスはあるものの粘ってSP5位から3人抜きで2位ゲット。おめでとう。
あとは4回転の確実性かな。

ジュベールも根性で間に合わせました。
ただ、怪我によるスタミナ不足があるんかな~。SPは4T・2Tのコンビネーションは決めてるし、GOEはプルシェンコより多くもらってる。フリー後半のジャンプが3回転判定はもらえてるもののGOEが引かれてたり、フリップのエッジエラー判定があるあたり、完全復調まではいってないかな~。
残り時間でどこまで本調子に持ち込めるか。


ただ、この3人で最も見応えのあったのはジュベールなんだな。
復調中とはいえスピード感が一番だし、ステップのキレも素晴らしい。プルシェンコとランビエールも良いんだけど、4年の月日というものを感じてしまう・・・。
この3人が五輪に出てくるのは嬉しいんですが、日本勢のメダル獲得に大きな壁になるのは間違いないんで複雑ではあります(^^;
これにアメリカ勢が加わるんだもんな~。男子は激戦必至(苦笑)。あああ、ポンちゃんSPは3位だったのにフリーで7位・・・もったいない。4回転は全部決まってるのにな~。4位に入ったブレジナ。今季に関しては完全にチェコのエースであるベルネルを食っちゃってるな~(^^;4回転マスターして表現力つけたら化けそう。ベルネルはかなり心配。今季GPファイナル以外で4回転決まってないんじゃないの?SPが回転不足と辛うじて転倒を免れた着氷で大幅減点。フリーじゃ転倒。この人の4回転は決まると爽快なんだけどな・・・。

残念だのう・・・

日本代表は昨年末で決定しましたが、全米、カナダ、欧州は最終選考真っ最中。

その中で、全米選手権では井上怜奈・ジョン・ボルドウィン組がフリーで2位と巻き返しながらも0・6差で3位に終わり、バンクーバー五輪出場はなりませんでした。
そしてパートナーのボルドウィンと共に現役引退を表明しました。

某スポーツ番組で特集組んでましたが、実力を発揮しきれないシングル時代、ペアに転向しながらもパートナーに恵まれずアメリカに移住。五輪に出るために米国関取得とスケート人生だけでもこれだけ苦難の道のりでした(闘病に関しては某CMなどで有名ですので割愛)。
バンクーバー行きを逃したのは悲しいけれど、これまでやってきた事を全てそそぎこめたから悔いはない、的な事をコメントしてました。今後は旦那さま(ボルドウィンさんね)と子供たちにスケートを教えていくそうです。

怜奈ちゃん、ジョンさん、お疲れさまでした。
昨シーズン(NHK杯で)生で見たお二人は素敵でした
お幸せに~。
現在判明している時点で・・・。【カナダ選手権】・女子(2枠)>ロシェットが逆転優勝。2位はファヌフ。順当と言えば順当な2人が残りましたが・・・。をい?ロシェットのフリーが144・08?トータルで208・23?いくら国内大会だからって出し過ぎやろぉ~(^^;・男子(2枠)>SP終了時点でチャンが首位。2位チピアー、3位ラッセル(知らない・・・)、4位ソーヤー、5位レイノルズ(頑張れ!!)。おそらく実績からいってこの5人で争うことになりそう。『ペア、アイスダンスに関しては検索に引っかからない(--;)【全米選手権】・男子(3枠)>まあ一つは確実にライサチェクなので、後2つ。SP終了時でアボット、ライサチェク、ウィアーまでが80点超え。その後リッポン、マハーバヌザデー(もうアーミン君でええか?)、ブラッドレイまでが70点台。ムロズは10位、キャリエールに至っては・・・17位!?・女子(2枠)>今年の流れで行くとシズニー、フラット、ワグナーで競って欲しいけど、あえてここに割って入ってほしいのが復帰したコーエン。【欧州選手権】国ごとの枠はあるんでしょうけど、ヨーロッパ中一緒くたに大会はするんだ・・・。ある意味全日本より豪華な顔ぶれだな(^^;プルシェンコは間に合うとして、ランビエールがどこまでやれるか。怪我から復帰したばかりのジュベールはどこまで持ち直しているか。チェコはベルネルとブレジナで確定だろうな(でもチェコ選手権じゃブレジナが勝ってる)。女子は国内大会で敗退しているコストナーが崖っぷち(1枠だもん)。ロシアは希望じゃレオノワとゴゼワに決まってほしいが・・・。韓国(女子)って枠2つも持ってたんだ・・・・・(^^;

今年のセンバツ行進曲は決まったが、

歌手は知ってるけど曲は知らんのよ~(^^;
ちなみにSuperflyの「My Best Of My Life」です。

(オフィシャルHPで聞いてみた)
やっぱり知らない。
しかも超バラードって・・・この人にはアップテンポな曲もあるだろうに、何でこの曲なのかがわからない。

ここ数年で感じることだけど、バラード調や、歌詞が暗めの曲が選ばれる理由が良く分からない。
「大きな古時計」も「蕾」も歌詞は暗い。
「TSUNAMI」もなぁ・・・無茶苦茶バラードやし。
毎年どんな曲でも行進曲に編曲する手腕は見事だと思うけど、誰もが即座に頭の中でマーチ変換できるようなわかりやすい曲でもいいんじゃないの?

まあ、EXILEとジャニーズが外れただけましか。
実力派なのは確かだし。



見事に該当者0!!
トトのボーナス加点該当者はいません(^^;

がんばれおじさん’s

全日本スキー連盟は13日、ノルディックスキー・ジャンプと距離、フリースタイルスキー、スノーボードのバンクーバー五輪代表選手29人(内定済みの選手を含む)を発表。

内、ジャンプ陣は5名。
葛西紀明(土屋ホーム)
岡部孝信(雪印)
伊東大貴(同)
栃本翔平(同)
竹内択(北野建設)
若手の栃本、竹内は初代表となります。

最多出場はジャンプの37歳、葛西紀明(土屋ホーム)で、冬季五輪史上世界最多タイ(国際オリンピック委員会調べ、09年10月時点)の6大会連続6度目。

ジャンプって決して楽なスポーつでもないし、一歩間違えば命を亡くしかねない危険と隣り合わせです。だって「飛ぶ」というより「落ちる」んですもん。
アプローチはおろか、ランディングバーンをそりで滑れ、と言われてもあの傾斜は絶対無理!!
それどころか近年じゃ女性も男子と同じ台から飛ぶんですもん・・・(^^;

長野五輪メンバーよりもっと前からジャンプは見続けてますけど、選手生命って随分延びましたね。昔は30前後で引退が普通だったけど、今や30代ジャンパーなんてゴロゴロしてます。
それでも39歳の岡部、37歳の葛西が今もトップジャンパーとして試合に出られるのは途方もなくすごい。(代表入りはならなかったものの、東3兄弟の末弟・輝がまだ現役なのも嬉しい)
ベテラン2人と若手3人の力がうまく作用すればいいな。
成人の日に行われたHBC杯(国内唯一のKOトーナメント方式)、面白かった~。準々決勝の対戦が岡部孝信vs作山健斗で二人の年齢差が22だっけ?親子ほど離れているのに笑ってしまいました。結果は年上の貫禄勝ち。岡部さんの所属先の雪印HPプロフィールから気になったこと。・好きな車、欲しい車>ベンツSL600・好きな映画>クローズZERO・好きな色>赤(そういえばジャンプスーツの色は赤だ)耳のピアスといい、わかる気がしますwやんちゃっぷりは全く変わってませんね~wwただ、・この世で一番怖いもの>飛行機って何ですか?それよりおっそろしぃ事してるのに?(^^;伊藤さん。そういえば、HBC杯の優勝賞金(100万円)の使い道を住宅ローンの返済って言ってたっけ・・・(^^;

にゃああああああああ~ん

ここ数日、近所の野良猫ちゃんが活発化しております。
人が途絶える深夜になると至る方角から睨み合いの威嚇が聞こえるぅぅぅ~(^^;


お願いだから波板上での喧嘩はやめてね。
心臓に悪いから。

気疲れした正月明け

やっぱりやらかしてくれましたよ、T先生。
正月明け初日の午前中、

「あの~、少し出血してるんで帰ります。休み明け早々にすいません・・・。」

がっくし・・・orz。

あのね、先月もそれで1週間近く休んだでしょ?
つわりも苦しいんやろ?
ボーナスももろたやろ?

もうさっさと退職して実家に帰ってくれ~!!
周りがごっつう気を使うねん!!
卒園アルバム?んなもん皆でやればどうにかなる!!(Y先生も昼間は大丈夫と言ってるし)

箱根駅伝復路

いや~、東洋は強かった。
確かに柏原は切り札であり、エースなんだけど、それだけじゃ勝てないのが箱根駅伝だな~、と改めて思う大会でした。
復路優勝こそ駒大に譲りましたが、それでも復路2位の成績。6区市川の血豆を作りながらの山下り、7区田中の区間賞の走り、8区千葉は区間2位、4年で初の箱根を走った工藤が繋ぎ、アンカー高見が〆ました。
全員が区間10位以内という層の厚さ。柏原の作った3分36秒の貯金を減らすどころか10秒上積みしました。

で、良く見るとですよ。
東洋大の出場した10選手の学年ごとの人数が面白い。
1年が2名(3区渡邊、6区市川)
2年が3名(1区宇野、5区柏原、7区田中)
3年が3名(2区大津、8区千葉、10区高見)
4年が2名(4区世古、9区工藤)
すごいバランスでそろってるな~。
4年が卒業しても箱根経験者が8名も残ります(!!)
これはしばらく東洋の時代が来るか!?

もうひとつ面白いのが、取りあえず最終エントリーされた16名に限定すると、高校駅伝で上位に入った学校出身者がほとんどいない。9区を走った工藤が青森山田出身なくらい。それでも高校時代目立った成績を残していたかはわからないわけだし・・・。

前監督川島氏、昨年代行監督だった佐藤尚コーチ、新しく就任した酒井監督(どうも柏原を東洋にスカウトしたのはこの人らしい)の育成能力ってすごいな(^^;

MVPの金栗四三杯は2年連続柏原になりました。
東洋大のみなさんおめでとう。
出場した前選手のみなさんお疲れさまでした。
今年も名勝負をありがとう。あと、気になったものをいくつかチョイス。【中央大:総合4位、往路4位、復路4位】何気に気になるものの、パッとした成績が残らず、いつもやきもきしていた中大。今年はシード権獲得の4位と久々に上位で嬉しいです。山梨学院大との競り合いで沿道の観客と接触しそうになって転倒した6区山下の区間1位に4秒差の激走は特筆モノでした。【山梨学院大:総合3位、往路2位、復路7位】どうも留学生頼みという印象が強かったとこですが、今年は他の9人も奮闘してました。8人が区間10位以内ですもんね。【駒沢大:総合2位、往路8位、復路1位】今年はシード権を逃し、予選会からの出場でしたが、復活してきました。やっぱ駒大が強くないと寂しいです。復路勝負のオーダー組んだんですね~。復路は区間賞2名で全て区間5位内で猛追。山梨学院大を抜きました。【東農大:総合5位、往路5位、復路5位】ここも中大同様、優勝までは届かなくとも安定した走りが出来たんだな~。ウチの上司、ここの出身なんで喜んでおります。大根踊りも捨てがたいしw余談ながら、雑誌に載ってた外丸主将の好物がするめってオヤジくさ・・・(以下自粛)あ、でもウチの上司も飲兵衛だ。そういう大学気質なの?(^^;【城西大:総合6位、往路10位、復路3位】去年8区で無念の棄権となってしまった石田くん良かったねぇ(感涙)。やっぱ去年のリタイヤ直後は荒れたらしいですわ。主将や周りの人たちの励ましで奮起し区間2位の走りでした。【青山学院大:総合8位、往路9位、復路11位】前回33年ぶりに出場し、完走しただけで泣けたのに、今年は前回の22位からシード権獲得の8位まで一気にステップアップ。爆発力はなかったものの、全員が安定した走力を発揮したからこそのこの順位は素晴らしい。しかもアンカーは理工学部に一般入試で入った鈴木という粋な〆でした。【日大:総合15位、往路13位、復路16位】出雲と全日本の2冠を達成していたので、いくらなんでもトップ3には入るだろうと予想してたのに3冠どころかシード権すら獲得できませんでした。出雲や全日本とはコースも違うし、一概には言えませんが、やはりこの結果は残念。結局ダニエルのごぼう抜きしか印象に残りませんでした・・・。【上武大:総合14位、往路14位、復路13位】青学とは逆で昨年より浮上できずに終わってしまいました(涙)。福山が5位、福島が区間賞を取ったものの、他が下位に沈んでしまったんでね・・・。予選会どおりの力を発揮できればシード権取れそうなんだけどな。また来年期待しております。【東海大:総合12位、往路12位、復路12位】ごめんなさい。ルーキー村澤の走りしか印象に残ってません・・・。【関東学連選抜:総合16位、往路11位、復路19位】ここ数年シード校すら食ってしまう走りで毎年楽しみにしてるんですが、今回は不発。スケジュール合わせるだけでも難しいもんなあ。

箱根駅伝往路

柏原くん、君は凄すぎる(^^;
去年、順大今井の撃ちたてた5区区間記録を大幅更新しただけでも驚いたのに、今年はさらに10秒更新(驚)。
タスキを受け取った時はトップと4分26秒差の7位。それがゴールしたら2位との差が3分36秒差で往路優勝。

駅伝以外の話ではほよよんとした風情なのに、駅伝の話になると顔つきがガラッと変わる。
激変した環境をあっさり受け流し、「去年より遅くなったと言われたくない」「去年(の自分の記録)には負けたくない」と誰よりも負けず嫌いの気性を見せる。
それを有言実行してしまうあんたはすごい!

柏原効果か某駅伝映画の影響かは不明ながら沿道のお客さんが多かったですねえ。特に5区の名所小湧谷前!選手の通るスペースが1車線分しかない!!選手が人垣に埋もれてるよ(大汗)。あんな光景みたの初めて。

ただ・・・柏原にも一つだけ罪つくりなことが。
往路1位がゴールして10分以降にゴールした大学は復路一斉繰り上げスタートとなってしまうわけですが、今大会は彼がぶっちぎってしまったおかげで9校もあります(苦笑)。
ここ何年もそこまでなかったのに(04年で7校、去年は2校)。


ひとまず往路は棄権なしで全員が完走出来て良かった(安堵)。

個人的に嬉しかったのは明大4区、区間賞を取った安田昌倫。京都の高校で陸上って言ったら洛南か立命館宇治がまず有名。しかし、この人は私学の2校ではなく、公立の桂出身。しかも家主の最寄駅から3駅となれば応援したくなるでないの~。というわけで、4区だけは全力で安田を応援(笑)。区間賞おめでとう~♪前評判の高かった東海大の村澤の10人抜きも素晴らしかった。5区でやや後退したとはいえ、予選会を勝ちあがり、安定したメンバーを揃えて4区までトップをキープ(区間賞2名)した明大も見応えあった。モグスの抜けた山梨学院大はコスマスが微妙だったものの、5区で大谷が3人抜きで往路2位に食い込み、留学生だけじゃないぞ!と気概を見せた走りをしてくれたし、中々上位に来てくれずやきもきしていた中大も5区で大石が4人抜きで4位。陸上部員の不祥事(でも跳躍競技と距離走を同じジャンルにくくるのは酷じゃないか?)でシード権は剥奪、出雲駅伝も全日本駅伝も出られなかった日体大も3位。青山学院大や東農大も復路いかんでシード権が狙える。一方、駅伝3冠を狙う日大はダニエルはすごかったけど後はどんどん下がっていくし、東海大もスーパールーキー村澤で一時4位だったものの、その後ぱっとせず・・・。何で?上武大~、去年と一緒じゃやだ~!!復路がんばれ~!!!5区をよろめきながらもタスキをつないだ亜大山中の気力と、最後尾の大東大高橋に贈られた沿道の大声援には貰い泣きした。駅伝ファンの愛って暖かいわぁ・゚・(ノД`;)・゚・W大の選手には悪いけど、往路は瀬古さんが静かでした(苦笑)。
プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。