スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおい(--*

記念すべきオークション1品目となるはずだった品を残り5分で横から100円差でかっ攫われ、地団駄踏んだのがつい10日前。
同じブランドで新しいのが出品されてないかと検索してたら見覚えのあるブツが・・・・・。


ソレは正しく横取りされたピエスモンテちゃん!!!


落札者、出品者とも同じなんで間違いな~し!!
結局落札したはいいが想像と違って手放すことになったようだが・・・。



なら最初からこっちに寄こせぇぇぇぇぇっ!!


諦めて別のを探そうとしていたウチの気持ちはどーすりゃいいのさ。
スポンサーサイト

良かったことと不運だったこと

『良かったこと』
・久方ぶりに体重が○1キロ台に落ちました。確かに少し食欲は落ち気味だったとはいえ、それだけで落ちたとは考え難い・・・何かしたっけ(^^;
・3度目の知恩寺「手作り市」においてオタフクさんのコーヒーが飲めた。
(ちなみに一度目は発見できず、2度目は売り切れ)
・自販機で水を買ったらもう1本当たった(笑)。
・ついでに期待しないで寄った緑寿庵清水に季節限定ヨーグルトの金平糖が残ってた♪

『不運だったこと』
猛烈に白スカートが欲しいんである。
で、特に買うものを決めずに立ち寄った時には満足できる掘り出し物に出会えるのに、欲しい物を決めて行くと遭遇できないのは何故だぁぁぁぁぁぁっ!!!
ルーニィですらダメだった・・・バーバリーにもない。唯一目星をつけた23区のは1万9000円・・・・・ワンピ並じゃないか
持ち合わせのトップスト合わせるにはそこそこの値がしないと合わないのよう~。

やはりロッテは侮れん

確か交流戦初の2タテ・・・よね?
阪神が負けても中日がお付き合いしてくれてゲーム差が縮まらないから調整試合にしたんじゃないかと勘ぐってしまうわ。
でも両方とも序盤に大量失点したのに後半怒涛の追い上げ見せてるのよねぇ。


【交流戦18日目 阪神6-10ロッテ】
なんかこう、甲子園で2タテしたお返しをキッチリされてしまったような(^^;
先発アッチソンが誤算。岡田はんも1回ですっぱり諦めりゃ6点で済んだものの、3回まで引っ張るから9失点じゃないか(怒)。
しかし、阿部と太陽は中々の好投。グッジョブ
後半3イニングで打線が粘り強く4点を返してくれただけに序盤の失点が余りにも痛かった・・・。

で、何気に頑張るフォードよ。
クビになるまいと働いているのか??


【交流戦19日目 阪神9-10xロッテ】
阪神の先発は今季初登板の鶴。しかしロッテ打線の手痛い歓迎を受け1死も取れずに6失点であえなく交代・・・(^^;
急遽登板することになった江草の4イニング1失点はまあ許容範囲。しかしイマイチ成果の残せてないハシケンや太陽に投げさせるあたりやっぱり試験登板なん??

5回までコバヒロに抑えられていた打線が6回にようやく奮起。
金本の犠飛と今日はスタメンだった檜山のタイムリーで2点、そして妙なところでアピールは欠かさないフォードの内野安打がタイムリーとなりこの回3点を返す。
しかしすぐさま大松にタイムリーで2点を追加され、流石に追いつけないだろうと思いきや選手は諦めてませんでした。8回に金本の2ランを皮切りに葛城の2ランも飛び出し、打者一巡の猛攻で4点を返し、9回には鳥谷のタイムリーと矢野様の犠飛で何と何と同点に追いつくのです
最終的にはズレさんのサヨナラタイムリーで負けてしまったけど、引き分けに等しい負けや、気にせんでいくぞ~!!

鶴君、気を落とすなよ(^^;

小学館騒動に関するあれやこれや

漫画家、雷句誠氏が小学館発行の週間少年サンデーに掲載されていた作品原稿の取り扱いに関し、発行元の小学館に330万円の損害賠償を求める提訴をしたのが今月6日。

連載を持つプロの漫画家で、何十冊も単行本を出し、漫画賞も受賞し、アニメ化もされた輝かしい経歴を持つ漫画家がこのような扱いを受けていたのに驚くやらショックやら・・・。
売れっ子作家のカラー原稿が1万4千円(同1万7千円)ポッキリって・・・、モノクロ原稿との差額がたったの3千円って・・・カラー原稿の評価の低さに唖然。2~3万は貰ってると思ってました。

家主が雷句氏のブログを読む限り、とても真面目で気配りのできる穏やかな方との印象を受けます。一度や二度ムカッとしただけで訴える方じゃないと思うんですね。原稿紛失に関する倍賞請求額からしてお金がどうのこうのでななく、あくまで小学館側の誠意の無さを問うための訴えなのはネット記事だけでも推測できます。
読者だけでなく、漫画家の方からも応援表明も出ているようで、その中で新條まゆ氏に関しては家主も誤解していたようでちと反省。

※雷句氏の陳述書はご本人のブログ(6/6日付)に全文掲載されてます。
これだけでも並々ならぬ覚悟が伺えますが・・・。

今回の小学館騒動は
意外に漫画家と編集側との関係がクリーンでない部分もあったこと、
知名度=漫画家の充実度ではないこと、
編集側のサジ加減によって読者の作家への評価が捻じ曲げられている可能性があること、
いろんな意味で知ることが多かったです。

しかし、雷句誠氏と新條まゆ氏ですらこの扱いなら、少なくとも現在進行形で小学館で描いている漫画家ってどんな扱い受けてるんだろう(汗)。この件に着目したそもそもの理由は訴訟の元になった作品が中々にお気に入りだったせいかな。とはいえ、アニメで時折見る程度だからそれほど真面目なファンというわけでもないけど(^^;恥ずかしながら、今回の騒動があるまで主人公の清麿が優秀な頭脳を持つが故に回りとのコミュニケーションが上手く取れず、浮いた存在だったこと。ガッシュが落ちこぼれだったことは知りませんでした。しかし、その2点を頭に置き、改めて見ると、清麿ががむしゃらに向かっていく様も、ガッシュがしきりに「良い王様になる」と宣言するのかわかるんですよねえ。意外に奥が深いですよん。一方の新條まゆ氏。少し前、ブームっぽい時期がありましたが、そのときは「エロ漫画しか描かないくせに偉そうな人だな」と悪い印象しか持ってませんでした。しかし、ご本人のブログにて「『快感フレーズ』書き上げた後からもうHなマンガは描きたくなかった」とのコメント、しかし当時小学館側にその旨を理解されないばかりか一方的に新條氏に非があるかの如き扱いを受けたことなどなど、新條氏ほど貢献した実績があっても「そんな扱い」とは。マスコミに華やかに取り上げられている影で、実はブームとのギャップに悩み、苦しんでいたのかも知れない、と思うと、こちらも色々と反省しなければいけない点が多々あります(^^;思えば、新條氏もかつて連載していた少女コミックが家主が愛読(姉のを隠れて読んでたw)していた頃から大きく様変わりしたのは小学館側がそういう方向に仕向けたからなんでしょうね。でなきゃ表紙からしてエロ雑誌に変わらないもの。日本ってクリエイターに対する評価って低いよねぇ(--;雷句氏の投じた一石によって、漫画家さんたちの地位が少しでも向上するきっかけになりますように。

ちょ、貯金がにじゅういちぃ~!?

【交流戦14日目 阪神4-3オリックス】
どーもアッチソンがピリッとせずに1点リードを守れずに逆転を許してしまいました(ボーグルソンよりは期待してるんだが)。
しか~し、先発が調子悪くても修正してくれるのが中継ぎ陣。渡辺が2死満塁のピンチを迎えるも動じずにローズを三振。素晴しい~。
そしてバルディリスの2ベースを起点に赤星のタイムリーで勝ち越し、これが決勝点。

「貯金とお金はいくらあってもいいので続けたいです」
赤星~、そのとおりやぁ(^^;


【交流戦15日目 阪神4-1オリックス】
祝・交流戦3カード目の2タテ!(すまんのうオリックス・・・)
今日は四十路おぢさんトリオが大活躍(笑)。
楽天と並んで交流戦首位タイ。

下さん最近省エネピッチング仕様ね(笑)。
6会1失点で6勝め。まだ1敗しかしておりませぬ。
そんな下さんへの援護は4回。先頭打者の関本がショートのエラーで出塁。新井の2ベースで無死2・3塁とお膳立てして登場は四十路おぢさんその②、金本。レフト線へ2点タイムリーで先制。なおも葛城がライト前へヒットを放つとおさむちゃんがお手玉(泣)する間に金本は3塁、葛城は2塁まで進む。
鳥谷の犠飛でさらに1点を追加して四十路おぢさんトリオの最後を〆たのが矢野様~♪連続犠飛(珍しい)でもう1点追加し、この回4点。

今日のJFKは・・・JとKは微妙ですな(^^;
やっぱり3人で終われないくぼ~た。死球とヒットで無死1・2塁ってなによ(--;
ウィリアムスもエラーして傷口広げてるし(自分で収拾したけど)。
藤川は3者連続三振。お見事でした。

今年は積極的な走塁が目立ちます。
鳥谷の犠飛で金本だけでなく葛城も同時にタッチアップ。これが更なる追加点をよびこんでます。走る野球は楽しいな♪四十路おぢさんトリオのヒーローインタビュー。広報さんから逃げ回るものの結局矢野サマに捕獲され、引きずられるように登場した下さん(笑)。下柳>「いつもどおり恥ずかしいです」金本>(同級生2人に囲まれてどうですか、の問いに)「え~、まぁ・・横に新井が立ってるよりずっと気持ちいいですね(笑)」「初回にゲッツー打ってしまったんでね、あの時の下柳がまあ、凄い顔してたんでね(笑)」矢野>「下柳が唯一怖がるのが僕なんで(笑)」おもろすぎ!

久々にクッキー焼いた

バター高騰の昨今。
約2ヶ月ぶりに成城石井にバターが復活して狂喜乱舞。
それでも品不足な状況は変わらないんで「お一人様1個限り」の条件付。
貴重品ですよ。

んで、一口大のごまクッキーにしてみました。
まずまずの出来♪


んん~、明日は雨か~。

無差別事件への法改正求む

 8日午後0時35分ごろ、東京・秋葉原(千代田区外神田1)の交差点で、西側から走ってきたトラックが歩行者天国の人込みに突っ込み、通行人数人をはねた後、停車した。
 運転していた男はトラックから降りて、奇声を上げながらサバイバルナイフで通行人に次々と襲った。警視庁などによると、男性14人、女性3人の計17人が病院に搬送され、このうち男性6人、女性1人が死亡した。男は南西方向に逃走したが、約100メートル離れたところで、駆けつけた同庁万世橋署員らに取り押さえられ、殺人未遂の現行犯で逮捕された。
 男は「人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった」などと供述しており、同庁捜査1課では、無差別に通行人らを狙った通り魔事件とみて特捜本部を設置して捜査している。(読売オンラインより)


何年か前の池袋東急ハンズでの事件を思い出してしまいました。
数日前に家主はその場にいただけに、背筋が寒くなった記憶があります。
その事件の時もそうでしたが、日常的に訪れている人でなく、たまたまその日、その場所にいたがために巻き込まれて死亡された75歳の男性にはどう表現したらいいかわからないくらいお気の毒でしかありません。
他にも19歳の男性や21歳の女性も犠牲になられました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


この先は怒りの書きなぐり。
【犯人】「世の中が嫌になった」>世の中のほとんどが満足のいく生活なんておくれてませんけどね。何らかの不安や不満は抱えてますよ。「人を殺すために秋葉原に来た」>レンタカー借りて静岡から東京まで来る気力はあるんですね。「誰でも良かった」>寂しいのなら一人であの世に行ってください。少なくともあなたよりは日々懸命に生きている人間に八つ当たりするのはやめてください。【秋葉原や警察署前でたむろってる人たち】一歩間違えれば自分が巻き込まれたかもしれないのに、よく動画や静止画撮影が出来ますね。またそれをマスコミに売り込めますね。そしてこんな陰惨な事件なのにふざけてカメラに映りこもうとする愚かな人たち。あんたらには人命が失われる事態も「他人事」ですか?自分が巻き込まれさえしなければいいんですか?ほんと、くっだらない人たち!!

ご批判ごもっとも

『完全ホーム? アルゼンチンが運営批判 男子バレー』
6月7日22時5分配信 産経新聞

日本に惜敗し五輪出場が消えたアルゼンチンのウリアルテ監督は「日本は長い間、五輪から遠ざかっていたが、日本らしいプレーで栄光をつかみとった」とたたえた。しかし微妙な判定について問われると、「いろいろな面で日本にとっていいコンディションであることは周知の事実だ」とチクリ。MC付きの応援で完全ホーム状態の上、試合時間も日本だけが固定されている不公平な運営を批判していた。



男女とも五輪出場は決めました。
しかし、家主の感覚では世間の騒ぎようとやや温度差があります。
だってこの大会っていわば敗者復活戦なんだもん。しかも完全ホームの後押しもあってのこと。全体の1位で終ったからって五輪じゃもっともっと強い国と当たらなきゃいけない。
どこかに書いたかもしれませんが、

・選手の大事な舞台であるコート上でのジャニーズのパフォーマンス
・スポーツに似つかわしくないDJの存在
・どぎつい金色バルーンスティックでの応援
・日本優先の試合時間

この4つは他の参加国に失礼で恥ずかしいです。
これがあるから直に試合を見に行く気が失せてしまう。
完全ホームの状態だけは日本が海外に出た時にもあることなんでお互い様ですけどね。

男子バレー五輪決定!!

いやもう、お待ち申しておりました。
もうね、バレーと柔道、フィギュアスケートに関してはマスコミの女尊男卑っぷりが余りに酷いんで女子はあえて取り上げなくても・・・。

苦節16年。
正直まだまだ未熟な面はたくさんある(イタリア戦とかね)。
でもとにかくおめでとう!

全てではないものの、試合を見る限り気づいたこと。植田監督って余り感情的口調にならないのね。どっちかというと選手たちが互いに鼓舞する希薄の方が目立つ。いろんな記事検索して推測するに、五輪に出られなかった16年の間に選手のモチベーションが凄く低下していたのが見て取れます。「朝食を食べなかったり、茶髪だったり、あいさつができない選手もいた」朝食を食べないのは身体が資本のスポーツ選手にとっては論外な話。茶髪と挨拶に関してはオンオフのけじめとバレーに集中しろという意味でしょう。どん底状態ですよねえ・・・。植田監督はそこから4年の歳月をかけて食事面からトレーニング方法、意識改革に至るまでこつこつと作り上げてきた成果がようやく実ったんだと思います。でね、植田監督にとってはコート上の荻野、(多分コーチ)大竹と共にバルセロナを戦った2人の「元同志」の存在も心強かったんじゃないかなあ。でも植田監督、お気持ちは十分理解できますが、勝利の瞬間バッタリとうつ伏せで倒れないで下さい。心臓に悪かったです(^^;

交流戦2度目の2タテ!

ソフトバンクが福岡移動20周年を記念して南海時代の復刻ユニフォームでの対戦となります。
で、ベテラン選手はまだしも、イケメン揃いの若手選手には古臭くて似合わないと思ってた。しかし、個人的に1番似合ってると思ったのが川崎宗則。ソフトバンクユニより凛々しく見えました。
あ、そうそう。ユニフォームはもちろんのこと、ストッキングも全員緑でお揃い。バッティンググローブもリストバンドも捕手のレガースも全部緑で統一。気持ちいいくらいに緑!
先日のFDHユニといい、なかなか粋なソフトバンクです。
いっそのこと12球団全て交流戦は復刻版ユニでやってくれ。面白そうだ。


【交流戦13日目 阪神5-2ソフトバンク】
初回、1死満塁のチャンスをフォードがゲッツーという最悪のスタートを切ったときにゃあどうなるかと不安でしたが・・・この人ハズレなんちゃう?(^^;
前回に続き、今回も岩田の出来はイマイチ。ほぼ毎回走者を背負い、2回と3回にタイムリーで1点づつ失う重苦しい展開。
フォードとは対称的にコストパフォーマンスが良いバルディリス。長谷川の打球が右腕に当たり、一時ヒヤリとさせたものの、反撃の口火を切るレフト線への2ベース。赤星のタイムリーを呼び込みました。
新井のソロで追いつくと、勝負の8回。2番手ニコースキーの乱調につけ込んで押し出し死球で勝ち越し。たまらず交代した3番手藤岡には代打檜山。これが大当たりで試合を決定付ける2点タイムリー。
これで後はKがキッチリ抑えてくれればねえ・・・・・無失点で済んだとはいえ大炎上寸前は勘弁してくれ。

西武戦以来の初戦勝利。これだけだと少々情けない気もしますが、連敗がないことを加味すると贅沢言っちゃいけないでしょうかね?(^^;


【交流戦14日目 阪神3-2ソフトバンク(延長10回サヨナラ)】
やっと来ました!交流戦2度目の2タテ!
とはいえ、今季初登板の能見は2回6安打2失点・・・出直し決定(^^;

2回に的山のタイムリーと川崎の犠飛で2点を先制されるも、その裏に矢野の隊無理0でまず1点を返す。
そして7回に1死2塁から今日のヒーローその①、代打浅井が右中間を抜くタイムリー3ベースで同点に追いつく。
投手陣も能見降板後を江草・渡辺・ウィリアムス・藤川が2回以降ソフトバンク打線を封じ、打撃陣の反撃を待つ。

そして10回裏。またまた岡田はんの代打攻勢が的中。
この日4人目の代打葛城が出塁すると、赤星がセンター前ヒット、関本が選んで四球で1死満塁の大チャンス。
何故だかこういうときにチャンスって回る人には回ってくるもんよねえ。新井がレフト前にサヨナラタイムリー今季サヨナラ勝ち4試合の内3試合に新井が関与。恐るべし高確率。

2003年の日本シリーズを含めるとチームが5連敗を喫していた杉内を撃墜♪
先発が早々に撃墜されようと全員野球で勝てるのは強みだな。
しかしお立ち台に上がったのは浅井と新井・・・・・ややこしや~、ややこしや~(^^;
でも、よくよく見ると・・・新井は最終打席以外タコだらけなような(^^;また金本兄貴に「新井大先生がしょうもないないバッティングをしたもんで・・・」って言われるぞ。

氷室冴子氏死去

作家の氷室冴子さんが肺がんのため6日に死去されました。享年51歳。

家主の少女時代はこの方のコバルト文庫で楽しませていただきました。
「銀の海・金の大地」シリーズは途中で(引っ越して図書館で借りられなくなったため)中座しましたが、「なんて素敵にジャパネスク」は読み漁りましたね~。

平安時代の宮中を舞台に、貴族中の貴族の家計に生まれながら破天荒っぷりで「変人」扱いされる姫の巻き起こすドタバタ劇と、余計なところに首を突っ込むせいで命を狙われたり(人情に厚いとも言う)、とんでもないお姫様と、振り回されながらも徐々に好男子に成長していく年下の許婚にやきもきしたよなあ~~~(遠い目)。

今の時代、51歳の死は早いです・・・。
突発的にジャパネスクの番外編でも出していただけることを期待してましたが幻に終りました。
数々の作品で楽しませていただきありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

デスノート、ハリウッドでリメイク

一昔前なら日本の文化が海外でも認められたか、と喜んだけどね。
今のハリウッドじゃ喜べない。駄作になるのが目に見えてるから。


ほんっっっっっと!
「ディパーテッド」で懲りたわ!



↑香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。
これで監督賞、脚本賞などアカデミー賞4部門取っちゃった・・・。


夜神月が法律で裁けない犯罪者をデスノートの力で断罪するわけでしょ?
アメリカ文化じゃそんなに悠長なことしなさそう。
いともあっさり銃で片をつける、って考えが多そう。(そういえばディパーテッドも矢鱈滅多ら銃撃戦多かった)

無理に月役やL役を持ってこずに、デスノートの設定のみを引用してアメリカ様式にオリジナルストーリーにすれば良さげだが・・・・・そこまで才能のある人いないよね?中途半端なリメイク作品しか作れないもの。
CGバリバリ使って、
銃ガンガンぶっ放して、
ついでにちょいと色っぽいシーンでも入れましょうか、ってとこか、

原作を劣化させるだけ。
それが今のハリウッドの実力ってもんさ。

もう過去の再放送でよくね?

2009年度だけでも題材に期待したら主役でがっかりしたのに、
2010年度は新撰組以来のNHKの悪癖復活でもはや見る気すら起こらない。


あのなあ、
NHKは視聴率なんぞ気にせんでええねん!
変に民放の真似せんでええねん!


来年と再来年の大河は終ったぞ~!!
(ヤケクソ)


・来年度【直江兼続】昔、某小説にはまった経験があるもので、この人に焦点が当たったのは嬉しかった。上杉家の内紛(御館の乱とか)いろいろやってくれそうだな~、という期待満々だったものの、主役が妻夫木で撃沈!あの線の細さで戦国武将!?笑ってまうわ!しかも姉さん女房の常盤貴子はまだしも、もう一人のヒロインに長澤まさみ・・・(汗)。他が良くても出てくるたびに話の腰を折られそうだな。・再来年度【坂本竜馬】竜馬自体は極々有名どころの人物なんでオーソドックスなチョイス。しかし、脚本が「HERO」「ガリレオ」「CHENGE」などの薄っぺらい作品を手がけてる人らしい。あの内容で1年間大河の脚本書き続けられるの?途中で話崩れない?NHKさんよ、民放の人気脚本家引っ張ってきて駄作になった「新撰組」で懲りたんじゃなかったの?まさか竜馬役はまたジャニーズにやらせるんじゃないだろうな?そんなことするからNHKの看板も、大河ドラマの価値も下がるんじゃない。あの~、冗談抜きで20年くらい前の渡辺謙サマの「独眼竜政宗」に差し替えてください。

北の大地でエンヤコラ(?)

【交流戦9日目 阪神-日ハム】
岩田好投。しかし日ハムスウィニーも譲らなかったので非常に試合展開の早い試合。
新井が200号本塁打を達成
バルディリスがタイムリーエラーをおかしてしまい、逆転されました。
しかし、ファンはちゃんとこれまでの働きを見てるから大丈夫だよ。
そんな日もあるよ。めげずに頑張れ、バルちゃん。


【交流戦10日目 阪神5-4日ハム】
金本が景気よくソロと矢野のタイムリーで2点を先制。
しかも矢野様は4回にもライトフェンス直撃の2打席連続のタイムリー。近頃打撃面では元気がなかっただけに一安心。

ところが2番手で登板した江草がいまいち。
1点リードを6回に田中と稲葉の連続タイムリーで追いつかれ延長戦に突入。

いや~な雰囲気を救ったのは途中出場の藤本。
前回の出場では大事なチャンスをフイにしただけにプレッシャーはかかったでしょうが、10回表、1死2塁から見事ライトオーバーの3塁打。さらに秀太の当たりが田中の悪送球で藤本が生還してこの回2点勝ち越し。

しかし万全を期して登板した藤川が珍しく制球難。
先頭村田への四球など4四死球を与え(押し出し含む)、1点差まで迫られる。
最後は2死満塁から飯山を1邪飛に抑えて18セーブ目。
冷や汗もんの勝利でした(^^;
プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。