スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げっ!

試合終了後の阪神甲子園駅。
e3661f1b.jpg

でもこれでもマシになった方。
この先20mほどぎっしりです。うげげ。

しかしさすがは阪神電車。
帰宅の途につく観客の扱いには慣れていらっしゃいます。
4万数千人が各交通機関で分散するとはいえ、それでも阪神電車使用者は1万は下らないでしょう。そこを臨時電車で捌ききるのです。試合終了後1時間後にはほぼ元の静けさを取り戻した駅前・・・恐るべし職人芸!!



でも流石に大声で六甲おろしやヒッティングマーチを歌う方々とは一緒の電車に乗りたくはなかったっす。
嬉しいのはわかりますが、あれと道頓堀に飛び込む行状で多くの阪神ファンが顰蹙を買うはめになるんで迷惑です。
スポンサーサイト

いすけちゃんおかえり!\^o ^/

【交流戦8日目 阪神8-4ロッテ】
84a6b592.jpg


昨日はロッテの先発が唐川で的中。
今日は中5日で成瀬が来ると予想したら・・・よりによって清水、あんたかよ!!
日本シリーズの時の印象が非常によろしくないもんで(^^;
でもとっても愛妻家だったらしいのよね・・・。

家主が到着した時点で既に初回は終了し、2点のビハインド。
先発安藤の立ち上がりがボロボロで、四球を足がかりにサブローの犠飛と今江のタイムリー・・・この回だけで3四球って(汗)。
その後も安藤はピリッとせず5回のピンチこそ凌いだものの、6回に今江、オーティズに連打され、ベニーを歩かせて満塁となった段階で2番手江草にスイッチ。西岡に2点タイムリーを浴びてKO。ちとお疲れモード入ってたような。
ま、同点打を呼んだバントと、勝ち越し点の足がかりとなったヒット打ったから相殺ってことにしよう。

反撃の狼煙は3回。今日は何故か2死からチャンスが回ってきた。それも新井の前で。2死満塁から新井がタイムリー。バルディリスと赤星が生還し、1・2塁間に新井が挟まれた隙を狙って関本が本塁を狙うがそこはロッテ守備陣が阻止。5回、西岡のトンネルで矢野様が出塁したってのに、守備はまずまずでもバッティングがいまいちナゾのバルディリスが併殺。この時点でダメかと思いきや、ここからなのです。何と安藤が綺麗にライトへ打ち返して出塁。赤星四球、関本センター前ヒットで満塁のチャンスを向かえ、打席にはまたまた新井。ところが打ったのはセカンドの前っ!ところがセカンド根元が1塁へ悪送球。安藤と赤星が生還し、2点を勝ち越し。ロッテが金本を敬遠すると球場全体から大ブーイング(勝負しろ~!!)。そんなロッテに手痛いしっぺ返しを食らわせたのが今日スタメン出場の葛城。走者一掃のタイムリー2ベースでさらに3点を追加。この回だけで5得点のビッグイニングとなりました。ただ、ロッテもタダでは引き下がってくれず、西岡のタイムリーで5点差を3点差にまで詰められ、どこかいや~な雰囲気に・・・。しかし、今日最も甲子園を沸かせたこの人の登場で試合の流れを引き戻します。1死2塁から代打で登場!いすけちゃんお帰り~~~っっ!!!オーロラビジョンに映った瞬間、家主の萌え回線オープン(笑)。↑画面に手を振るなっての(^^;詰め掛けた阪神ファンの期待に答えてライト線へタイムリーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!復帰戦で見事に止めを刺す一打でござんした。江草は・・・まあしょうがないかなあ。渡辺、とJFKはきちんと仕事してくださいました。同一カードで連敗はしたくないんでね。これで1勝1敗のタイ。《おまけ》珍しくヒーローインタビューまで聞きました(お立ち台には葛城といすけちゃん)。久しぶりに聞くいすけちゃんが萌え萌えでたまりませんでした。念願の成瀬は見れなかったものの、3番手として大嶺が登板。2年ぶりに見れて嬉しかったなあ。新井に際どい球投げてたけど。去年から萌え~、なサブローも見れた。でもあまり阪神相手には打たないで欲しいんだけど(苦笑)

ただ今甲子園①

ab2ef2be.jpg敵のマスコット出張中。
なかなかにかわゆい(笑)

セパ首位決戦

【交流戦5日目 阪神-西武】
どうも「埼玉西武」の名称に違和感が・・・。
1軍に復帰して初登板となる上園が粘り強く投げてたんですが、打線が中々援護できないまま、じじい・佐藤・・・じゃなくてG・G佐藤にタイムリーを打たれてこの回で降板。

しかし、後半粘れるのが今年の阪神の強み。
7回に2死2塁から代打葛城と赤星の連続センター前タイムリーであっさり逆転。西武は投手を代えるものの勢いは止まらず、新井、金本の連続タイムリーでさらに2点追加。お終いにはワイルドピッチまで飛び出し、この回一挙5点で試合をひっくり返しました。

今日のJFKはパーフェクト♪


【交流戦6日目 阪神2x-1西武(延長11回)】
阪神が今季3度目の3連勝。交流戦初の2タテ、しかもパリーグ首位の西武相手にですよ。ぐっふっふっ♪
おっとお、今日の西武先発捕手は銀ちゃんだ。久しぶりだなあ。

今日の先発は下さんでした。
7回を91球ですから省エネな方。7回に3連打で1点取られちゃいましたけど、そこだけでしたし、後はいつもどおりユルユルと投げていらっしゃいました。勝ち星ついて欲しかったけどな。
ま、そこは球児まで使いきった岡田はんの指名で抑えをやるはめになった渡辺に、普段の感謝も込めて、ってことで白星贈呈もよろしかったりなんて。

先制点を挙げたのは阪神の方でした、
5回に平野のタイムリーで1点先制。しかし、小刻みな投手リレーに阻まれて追加点が奪えず延長戦へ。
赤星と平野が俊足を活かして塁に出、新井二ゴロの間に(ちなみに今日6タコ(^^;))2死2・3塁として・・・何故か西武は敬遠せずに兄貴と勝負。
結果は金本がライト前へサヨナラタイムリーを放ち、赤星が生還。
しっかし13安打も打ってて結局2点、残塁15ってのはちと痛いぞ(^^;

むかつくっ!

とある家族が車止めてなにやらしてました。
それだけならよかったんだけどねえ。

がきんちょがひっきりなしにドアを開け締めすんのよねえ。
しかもその年頃ってそういうのが楽しいから目一杯の力でやっちゃう。
音と振動が部屋に響く響く・・・。

流石に10分続くと切れた。

親がきょとんとした顔してたのがむかつく~!
父母両方揃ってて注意の一つもなし!
しかもあんたらウチんとこの住人でもなんでもないやんけ!
二重にむかつく~!!

何とか1勝1敗

【交流戦3日目 阪神2-7ソフトバンク】
松田とかいうのにやられた、って感じでした。
そこに安藤の不調も重なりました・・・・・。


【交流戦4日目 阪神5-2ソフトバンク】
勝ち越された時点でどうもダメっぽい気分に襲われるのは2003年の悪夢がよみがえるからでしょうか?
選手の皆様ごめんなさいm(__)m

スタメンみて驚きましたね。
何と赤星の名前がありません。1番がバルディリスですよ。しかも平野までいない。(赤星はどうも体調がいまいちだったようです)。
その赤星が1点を追う土壇場の9回に2死満塁、フルカウントの場面でやりました!
赤星本人が「いままでの野球人生で、何本かに入る(安打)」と語った打球はレフトへ2点タイムリー。続く新井もセンターへ2点タイムリー。一気に試合を決めました。

岩田は7回を2失点。「打線に助けられた」と語るように土壇場の逆転劇がなければ負け投手になっていただけにほっとしたことでしょう。勝ち星はここ2戦打たれてたウィリアムスに付きました。

12球団のHR数でパリーグ首位の西武が72本でトップ。一方のセリーグ首位の阪神はというと、最下位の20本(笑)。得点は7位、失点も・・・あら、1番少ないんだ。結構省エネなのね。

上園が24日付けで1軍に復帰。
お帰りなさい。待ってたよ~。
げへへ、巨人もドラも負けました。ありがとう西武、ありがとう日ハム♪

誰がついてくるん?

昨日のサンスポ一面に仰天記事。


『清原来期監督要請』


冗談でしよ?
引き際間違えてる人が冷静に我慢強く指揮を取れるだなんて到底思えない。
今ですら試合に出ずに高年俸なのに不満もってるチームメイト多いだろうにさ。
誰がついてくるってのよ。選手だけでなくオリファンにも見放されるよ。

単なるガセネタであることを節に望みます。

またまた独り言

猛烈に欲しい。

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)


朝の連ドラなんて近年良い作品がなかったし、時間が時間だけに見れません(働いてるっちゅーの!)。
で、休日にたまたま見てはまった・・・。
総集編みてさらにはまった・・・・・。

主演の貫地谷しほりは大河ドラマに出たときからきらりと光る存在感に注目はしてました。しかし、連ドラで更なる進化を遂げようとは思いもしなかった。
しかもお師匠さんはツネ様だし♪
(注:某サッカー選手ではありません。渡瀬恒彦氏です)
これほど出演者がいとおしく感じるドラマもそうないのでは?

和久井映見のお母ちゃんが一番かわゆい(*^^*)

バッテリー 第7話

おミズの策略による巧・豪バッテリーの崩壊。
オトムライからのパワーセーブ指令。
巧との能力差に葛藤する豪、巧とのすれ違い。
おミズvs海音寺いよいよゴング!(爆)。
でた~!おミズの百人一首~!待ってました(☆゚∀゚)


え~、中山君(巧ね)。
中盤当たりから良くなってきましたで
思春期に差し掛かる年齢の、難しい感情の変化度合いと少年らしさのバランスが釣り合ってきた。
成長度合いが見受けられないと新人君は面白くないぜっ♪おお、青波今回も鋭いです。おミズの策略に引っかかって動揺した豪に遠慮して球威落としたのを見抜いております。あ~、豪に退部届出させましたね。これがどんな複線になるやら(ま、オトムライが保留状態にしてるでしょうけど)。繭ちゃんも影で努力してる豪のフォローなんてしちゃってます。そしてさりげなく二人の仲直りを促す当たりなんてグッドジョブ♪でも巧はそう簡単に素直にならないんだなあ。おお、初めてサワが目立つ働き・・・いや、リンチ事件があったか(^^;巧に説教したよ~(驚)。ぷぷぷ・・・原田父役の堀部さん、見事なまでにユニフォームが似合っておりませぬ。いや、似合っても話的に困るんですが(笑)。原田家の大人たちの関係にも焦点当て始めました。父娘の素直になれないぎこちなさが微笑ましくて笑えます。じいちゃんのエプロン姿が良くお似合い♪(だって普段映画版の菅原文太氏同様、厳つい役柄の多い役者さんですからギャップが~)。う~ん・・・豪ちゃんに好意持ってる女の子必要ありません(^^;いなくても話の流れに影響ないしなあ。どちらかといえば出てくる度に話の腰を折るんでいない方がスッキリするというか。女の子は繭ちゃんで十分間に合うと思う・・・。さて、おミズと海音寺の腹の探り合い(じゃれあいに見えないことも無い・笑)が始まりましたね。あれじゃ(巧の)倒しがいが無いとおミズが海音寺にハッパかけました。先行き面白そうです。おミズのダークパワーは押さえ気味にされた模様。あれ?代役キャッチャーをヒガシにさせるんですか!?ヒガシってそういう役回りじゃないと思うのですが。吉貞は端から省略されてるし、映画版のようにサワがやるわけでないし、残るのがヒガシしかいないけど違和感がある。小町先生はあのまま存在感薄く終るんでしょうか?ヒロインの座は確実に繭ちゃんに持っていかれてますし、残り話数からして期待できなさそうな雰囲気が。小町先生に翻弄されるオトムライは幻に終わってしまうのかぁ~っんで、次回。何で、何で巧が水没してるん??気になるやんか~!!

コリンズ監督電撃辞任

【交流戦2日目 阪神7-3オリックス】
昨日とは逆で終盤オリックスをうっちゃって勝利。
しかし、試合終了後にコリンズ監督が辞任・・・。

今日のヒーローは昨季までオリックスに在籍していた平野。
7回に先頭鳥谷の安打を足掛かりに無死満塁と絶好の好機を迎えたにも関らず、代打今岡、赤星が続けて内野ゴロに倒れ、あっという間に2死満塁。
くら~い雰囲気を打ち破ったのは平野でした。
ライト線へ走者一掃となるタイムリー3ベースで逆転
モヤモヤした空気が一瞬でお祭り騒ぎに
そして続く新井も2ランを放ち、この回一挙5点。

あ~、すっきりしたあ♪


コリンズ監督ですが、辞任会見で質問は一切受け付けませんでした。
ただ「情熱が無くなった」とだけ。いきなり知らされた選手もどうしていいかわからないといった様子でした。
でも思い起こしてみれば、関西のチームにも関らずコリンズ氏の印象がほとんど無い。印象的な采配もないし、盛り上げるために何かをやった記憶も無い。正直某女性お笑いタレントとの交際話しか記憶にありません。

病気だった仰木さんはともかく、最近の6年で監督が6人って明らかに異常事態ですよ。フロントよ、ケチるな!まともな人材据えなさい!
(あ~、何だかF1のトヨタとダブるなあ)

良識を疑うぞ

近頃のテレビ局は人的資源が枯渇しきったようで、中身すっかすかな番組しか作らなくなって久しいです。
ドラマなんて特に酷い。
小説か漫画がヒットすればドラマと映画もコンプリートする流れは安易ですわ。
小説やドラマを下敷きにして作ること事態は否定はしない。
でも脚本に起承転結という基本がないわ、
アレンジ能力はないわ、
演出が下手だわ、
役者(特に)が大根ばかりだわ、
まあ散々な有様。

そんななか、ついにやっちゃいましたよTBSが。
こんなもん地上波でやったら日本の将来が冗談抜きでやばい。



「恋空」のドラマ化なんて!!!




この際だ、ぜ~んぶぶちまけよう。まず書籍化。そもそも「文章」になってない。まるで日記。これを「小説」と名乗られること、商業目的で出版されること自体が腹立たしい。携帯画面のイメージに近い形にしたかったんでしょうけど、横文字で物語は辛い。水増しならぬ紙増しのために行間を不必要に開け、上下刊に強引に分ける。こんなもんをハードカバーにするのは資源の無駄(家主だって好きな本は全てハードカバーで揃えたいわさ!)。しかも1冊1000円、上下刊で2000円!すっごいぼったくり。(似たり寄ったりの携帯小説って何故「上下刊・各1000円」で「ハードカバー」なんでしょう??)見開き2p読んだだけでうんざりした本に初めて遭遇しました。書籍化でヒットした時点でいや~な予感はしてたんですよねぇ。映画化を知った時には視界が暗くなりましたよ。本の段階で既にウンザリしたので当然映画は見ておりません。いろんな映画レビューで大体の内容は拾えますしね。金払ってまで不快な気分になる必要も無いし。で、おおよその中身より抽出すると、見ず知らずの相手からかかってきた携帯から付き合いが始まるか?ほとんど初対面状態で性交渉するか?痛い目にあわせるのに数人の男に女の子襲わせるわ、間をおかずに彼氏と性交渉できるわで、主人公の精神は図太いのか麻痺しているのかどちらかじゃないか?(家主は夜道で胸もまれたけでもしばらく神経過敏だったのに・・・)妊娠するわ、突き落とされて流産するわ、彼氏が突然姿消したからって別の男と付き合いだしたものの、彼氏が病気だと知ったらあっさり出戻り。無菌室に入っている彼氏に口移しで食べ物与えるわ、屋外で性交渉するわ・・・。安易に生命を粗末にするし、病気への認識も足りない。とにかく無茶苦茶。妄想と想像の産物だわ。恐ろしいことにこれで泣ける人がいる。不自然さや異常さに気づかない人がいる。現に、本屋で中学生の子が「これ、めっちゃ泣ける~」と手に取っていた光景をみたときにゃあ背筋が寒くなりました。「洒落」と割り切って読む分には問題ない。しかし、「バイブル」にしてしまうと非常に危ない。性交渉って安易にするもんじゃない。病気を貰うかもしれない、妊娠してしまうかもしれない、育てられるのか、資金はあるのか、まずそこまで考えてからしてください。基本的に親の手を借りなくても経済的・精神的に自立してないと子供作って欲しくない。仕事柄、嫌というほど頭痛のするヤンママに遭遇してるもんで(--;でもやはり一番ダメなのは「恋空」を世の中に引きずり出した大人たち。ネット内だけでなら個人の趣味で済んだだろうに、書籍化→漫画化→映画化→ドラマ化と段階を踏んでいくごとに、この妄想作品を社会的に認知してる。それを、人生経験の浅い10代の子供たち(ちゃんとした認識持った子も勿論存在します)が「ああ、じゃあいいんだ~」で何の疑いも無く受け入れて行くのが何より恐ろしい。これは「ロンドンハーツ」を軽く越えたよ。全国の親御さん、これこそ猛抗議して放送を阻止すべき番組ですよ。BPOさん、光市の母子殺害事件が偏向報道だなんて言ってる場合じゃありません。間に受けて性犯罪やいじめの温床になりかねません。あ~、世の中の良識はどこに行ったんだぁ~!

新井神話ストップ

【交流戦第一日 阪神0-3オリックス】
これまで新井が打点を挙げた試合は負けてませんでした。コツコツ積み上げ18連勝。
んが、その記録も止まってしまいました・・・orz

先発下柳は調子良かったんですが、後続がよろしくなかった。
渡辺とウィリアムスが踏ん張れず、7回にオリックスが2死1・2塁から北川、ローズの連続タイムリーで1点差に迫り、四球を挟んで一輝の中前2点適時打で逆転し。
阪神は1回に金本の右前タイムリーで先制し、5回にも新井のタイムリーと金本の二塁打で2点を追加したものの、中継ぎが踏ん張れませんでした。

交流戦初っ端からや~な流れかと思いきや、
よくよく考えてみれば今季2度目の連敗・・・なのよねえ。
なんの、まだまだや!



北川はん、なんで阪神戦で打つんよ~~~(>_<)

ロッテは高卒ルーキー初の開幕4連勝を目指す唐川が先発しましたが・・・流石に記録へのプレッシャーがかかったかな?ヒットは打たれるものの、味方の大量援護に支えられて投げてましたが、5回途中で2点差にまで追い上げられたところで無念の交代。後続も踏ん張れずラミレスの3ランで逆転されてしまいました。唐川に負けはつかなかったものの、セリーグで勝ったんが巨人だけ、ってのがむかつく~!!!

3タテならず・・・

【阪神2-3ヤクルト】
今季3度目の5連勝よりも、
今季初の3タテがしてみたかったんですぅぅぅぅぅ~!!

え~い、杉山めっ(--*
構えたコースに投げてこないから矢野様の眉間のしわがどんどん深くなってたやんけ!!
1点目も2点目も四球絡みやんけ!
中盤から踏ん張れなかったとはいえ2年目の増渕の方が良かったし。

鳥谷の調子が引き続き良かったのは救いか。
ジェフ打たれたらしゃーないわなあ。

磐石の勝利

【阪神3-0ヤクルト】
投げては岩田が7回を5安打で5勝目。
守っては育成選手から上がってきたバルディリスが好捕連発。
打っては鳥谷がタイムリー2本で本日の打点を独り占め。
何気に赤星が全打席きっちり出塁しております。

ヤクルトは先発石川の立ち上がりが全てでした。
赤星、新井、金本に四球を出し、2死満塁としたところで鳥谷にタイムリーを浴び、中盤立ち直ったものの、6回に金本とフォードの連打の後にまたしても鳥谷にタイムリー。
いつの間にやら青木がいないし(でも熱愛報道はあったり・・・)。
あの、佐藤の登板まだですか?あ、でもゆっくりでいいです(^^;



中日と巨人が似たような負け方しました。
中日は2点リードの9回、守護神岩瀬が乱調。1死満塁から仁志と内川のタイムリーで同点に追いつかれ、村田が走者一掃のタイムリーで3点を勝ち越し大逆転勝利。
ま、絶対的抑えでも打たれるときは打たれますわ。ドラも岩瀬が打たれたらしょうがないと思ってるでしょうね。こっちも藤川打たれたら同じこと思うし。

巨人は・・・似たケースとはいえ中日よか同情出来ないんよね。
岩瀬がドラの生え抜きだけどクルーンは違うし。
広島が得点すれば巨人が追いつく展開。巨人1点リードの9回に満を持してクルーンを投入したはずが東出に同点タイムリーを放たれ延長に突入。栗原の2ランと梵の犠飛で3点を失い、今週2度目の負け越し決定。
あ、広島に抜かれて5位転落したんだ・・・(^^;
巨人・広島戦をチラ見してて気になったこと。西村、あんたえらく肥えたなあ~(^^;元々エラ張り気味な骨格に肉がついて下膨れ状態になってるし、胴回りがかなりメタボになってる。同じ背番号つけてた大先輩に体型が酷似してきたぞ。ちょっと不安・・・。で、先ほど彼のデータ検索してて発見してしまった。あんたいつの間に結婚してたん!!うお!21歳半?早いの~。まあプロは早い人はめちゃくちゃ早いしね。岩隈とか立浪も結構早かったんじゃあなかったか。

バッテリー 第6話

と、いきたいところですが、明日早起きしなければいけませんので、見てから改めて書きます。


ごめんなさ~いm(__)m

北陸ロード終了

【第1戦 神3-9広】
土砂降りのなか、金本が通算400号HR達成。
富山に集結したお客さんの熱気はすごかった。

【第2戦 神4-2広】
檜山が同点タイムリー。
新井が打点を挙げれば負けない。これで16連勝(^^;
下柳が6回1失点で5勝目。ハーラートップのタイ。

【第3戦 神5-2広】
連夜の逆転勝ち。
今季初スタメン檜山の同点タイムリー、赤星の勝ち越しタイムリー。
そして駄目押しは新井のタイムリー。
ホームランの無い試合でも十分面白いンでっせ、巨人はん。
ボーグルソンは6回を2失点で今季初勝利。


北陸ロード2勝1敗で終了。
もう西京極では試合やってくれへんの?

独り言

どないなもんかと勇気を振り絞って見ては見たものの・・・5分で撃沈。
やはり家主にキムタクドラマは無理です。はい。
過去のやつがなんだっけ?花形職業ばっかなのも大きな要因ですわ。
クサナギのように障がい(今は「害」を回避する傾向にアリ)もった人物とか、
中居のような悪役っぽい役もしてみればいいのにね。
あ、逃亡者もいいかも。

ドラマ自体が「キムタクありき」を前提にしてるから、どのドラマも「金太郎飴」にしかならんのよね。
しかもよりによって政治家か。


どーせなら、去年当たりからちょこちょこ出てる「竹下の孫」を全面に出せばいいのにね。
同じ政治モノなら(突拍子も無いギャグまんがなんだが)影木栄貴の「世紀末プライムミニスター」を原作にして、主演を小泉孝太郎、助演をDAIGOにすればいいんでないの?

※補足:↑書いた順に「竹下の孫(姉)」、「小泉の息子」、「竹下の孫(弟)」です。うわ~、濃い(^^;



そっちの方がよっぽど面白そうだ。
(ちなみに春ドラマは「バッテリー」以外見てない)

ジェフお帰りなさいっ

【阪神3-1横浜】
昨日1軍登録されたウィリアムスが久しぶりの登板。つーか、開幕美以来でっか・・・まあ今季は昨季でろでろだった先発陣が奮闘してくれたから「そういやジェフいないんだよな~」とふと思い出すくらい。
でもやはりジェフがいるといないのとは大違いなのだ。
特に最近くぼ~た劇場が劇的状況だっただけに(苦笑)。

たまたまだが今日の横浜の先発はウィリアムス・・・(^^;
余談だがF1ファンにとっては中日のデラロサも紛らわしい。

今年の特徴である「足」が今日も活きた。
初回、赤星が内野安打で出塁すると、3塁まで進み、新井の内野ゴロの間にホームへ飛び込み、野手の送球が逸れたのも手伝って先取点をもぎ取る赤星ならではの芸当。走るのは赤星だけじゃありません。すっかり2番に定着した平野も走攻守全てにおいてよく活躍してくれてます。ありがたや。
今岡もようやく上昇傾向かな?なんだかんだで打点をちょこちょこ取ってます。
ど~も金本のメモリアルは甲子園でかなわない運命にあるのか?
2000本安打はドラの怨念に阻止され、400号HRは横浜に阻止され・・・・・北陸ロードで決まるのかしら?

今日の岩田はちょっとへなへな気味でしたが、それでも要所は抑えてたので5回1失点で4勝目。
渡辺が10球で3人を抑え~の(2三振)、
久保田がここ数試合が見違えるほどの調子を取り戻して3人で終了。
そしていよいよ復帰登板のジェフは・・・緊張してたのかいきなり先頭打者の仁志を出してちと焦る(^^;しかし唸る球で金城を併殺、村田を三振に切って取り、無事復帰初登板を飾りました
締めくくりは当然藤川。いつもの安定感できっちり〆ました。う~ん・・・中日中田が今日も良くなかったですねえ。ラミちゃんはおろか、若手にまでぼっこぼこにされてて26歳の誕生日が散々だったとか。ちょっと気の毒。その巨人、育成枠から這い上がってきた隠前。大活躍でお立ち台に上がってましたが、「1・2・3・最高で~す!」は、どうしようもなくしょうもない。要修行。で、今のラインナップ見てて思うんだけどさ、ヨシノブ、スンちゃん、上原、当分帰ってこなくていいよ。その方が面白いし。ある意味家主の好きだった頃の巨人に戻りつつあるんよね。(←本音)さらに言うなら小坂、小笠原、谷、クルーン、グライシンガー、つまり移籍組はイラネ。

追放してください!

ホンダさん、ホンダさん。
今すぐニック・フライ氏を追放してください。
こいつが何かにつけスーパーアグリにちょっかいを出し、マグマグループとの交渉も、ヴァイグルグループとの買収交渉も全てぶち壊したんです。ああ、昨年契約踏み倒したSSユナイテッドもアンタが裏で糸引いてたんじゃないですか?
いわば、コイツがスーパーアグリの息の根を止めたんです。

しかもこの人ホンダ本家チームのCEOでしょ?
ホンダのお偉いさんで無いのにどうして兄弟チームに介入すんのさ。
ひょっとして本家よか良い成績だったのがそんなに気に食わない?
だったら少なくとも今年のドライバーラインナップをあの2人にすべきじゃなかったね。

ホンダさん、さっさとロス・ブラウン氏に挿げ替えましょう。
時間経つと昨年日本グランプリで犯した失態のお陰でト○タから流れ込んできたホンダファンの怒りを買うだけだと思いますよ。

バッテリー 第5話

暴行事件後の野球部休止。
展西、緑川、奥平の退部に始まり、部の存続の危機。
何とか横手二中との試合を取り付けようとする部員たち。
巧・豪バッテリーと門脇の初対決寸前まで。


今日の名台詞。
「兄ちゃんこそもっと母ちゃんに甘えろ~!」(by青波)
ナイスだ、最高だよ青波♪ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!


巧たちよ、どーせ練習するんならわざわざ新田東のユニ着て学校のグラウンド使わなくてもいいような・・・他のグラウンドとか、河川敷とかないん??すっごい海音寺キャプテンイイ(*゚∀゚)っ原作じゃ番外編「ラストイニング」以外さほど出番がありませんが、今回のドラマ版では出まくってます(笑)。リーダーシップもあって、でも中学生らしい初々しさや、ちょっとボケたところもあったりしていいキャラクターに仕上がっております(笑)。休部になって何ゆえ部室の大掃除なんだ?穴開けた新聞から様子伺う中学生は無茶苦茶怪しいぞ~。校長に思いをぶちまけるシーンと門脇との交渉を思い切って本人に直談判して成立させたのはかっこよかったぞ~!ちと惚れた(*^^*)ただ、ショートにしては体格がごついかなあ・・・緑川は豪ちゃんと同じく細いし(^^;回を重ねるごとにオリジナルで描く部分が良くなってます。苦悩するオトムライにやんわり諭す井岡じいちゃんとか、休部になって崩壊しかける野球部の様子とか、相変わらずボケツッコミな井岡じいちゃんと歌子ばあちゃんとか、見てて楽しいアレンジです。『ああ、そうだよな、原作にかかれてない部分でこんなんあったんだろうな。』ってシーンが上手く組み込まれてます。欲を言えば巧と青波の描写がもっと欲しいけど。駒田さんがいつまでも出張っているので驚いてます(苦笑)。さて、いよいよ天才スラッガー門脇との初対決です。公式HPにおミズ共々アップされてますが、イラストじゃないからジャニーズじゃないんかな?とりあえず外見的には合格点出せます。おミズ・・・すっごく腹黒そう(笑)。予告見る限り映画版では封印された「姫さん」や百人一首がでるかもo(^^o)(o^^)oワクワク

もうちょっとエエ方面で盛り上ってほしい!?

【阪神5-4巨人】
良くも悪くも騒動頻発でございました。
序盤はラミレス、鳥谷、矢野様の花火大会で派手な幕開け。
3回には木佐貫が金本への頭部危険球で退場。
しかーし、金本のライトスタンドへホームラン。
(というか、阪神のホームランは全てライトスタンド・・・厭味かしら(^^;))
7回には1死1・2塁からラミちゃんの大きな当たりがレフトフェンスから伸びた阪神ファンの「神の手」に阻まれ2塁打扱いに。

下さんは降板してから同点に追いつかれたんで勝ち星はつきませんでした。しかし、点取られてのは初回のラミちゃんの2ランのみ、2回にも3連打で無死満塁のピンチはあったものの、のら~りくら~りとかわしてました(笑)。
金本は頭部死球を食らったあとも打席に立ち、6回にソロをライトスタンドに放り込みキッチリお返し(笑)。木佐貫には「あれは威嚇した球でもないし故意でもない。あれは何でもない。大丈夫だから」。遺恨を残さぬよう配慮する兄貴・・・優しいですのう。

今日は2番手の能見が踏ん張れなかったです。
しかし、同点に追いつかれた8回に1死1・2塁から葛城が値千金の決勝タイムリースタメン固定は中々出来ないけど、出れば結果を残すからすごいぞ~♪【西武4x-3日ハム】たまたま京都テレビが中継してたんで(阪神やオリックスの試合じゃないのに珍しい)阪神の中継が終ってから見てました。豪華ですよ~、何せダルビッシュvs涌井ですからね~。後半にさしかかるまで日ハムが1点リードしてたんです。が、今季はサヨナラの星がついている西武。最終回2死満塁から片岡がサードの頭上を絶妙に越えるタイムリーでサヨナラ勝ち。しかしダルよ、4失点で今季ワーストなの?今季ようやく黒星ついたの?どこまで調子よかってん!!!

うお、ドロドロな展開になってきた(^^;

えらいこっちゃあ・・・。
先月36日に織田信成がモロゾフコーチに師事する話が出ましたが、これがえらい展開を生んでしまいました。


高橋大輔がモロゾフコーチから離れます!!


うっひゃあ~。
日刊スポーツの記事によると、織田へのコーチングは寝耳に水の話だったようで、モロゾフコーチと電話で話し合った結果、「もう一緒に仕事はできない。3年間ありがとうと伝えた」と伝えたそうです。
当分の間はモロゾフ氏とともに指導を受けていた長光歌子コーチと練習するようですが、モロゾフ氏は振付師も兼任しているので、振付師は早急に探すことになります。
ってか、もうそろそろ仮プログラムが出来上がってないと拙いんじゃないのか?間に合うんかな??

やっぱり国内で一番のライバルと同じコーチの指導を仰ぐのは嫌だったんかなあ。
この構図ってなんとな~く・・・

ヤグディンとプルシェンコの要になってきたんですけどぉ~~~~~(大汗)。


どーせならモロゾフ氏、安藤じゃなくて真央ちゃん指導してくれ~!!(個人的希望)

スーパーアグリ撤退…

今季開幕ギリギリに参戦が決定したときから相当やばい状況なのはわかっていたし、良くてチーム売却、最悪シーズン半ばでの撤退も覚悟はしていた。
でも改めて発表されると





ショックやなあ(┬┬_┬┬)

天敵中田攻略!なんだけど・・・

【阪神10-4中日】
中日の先発は過去13試合に登板し、9勝3敗とカモにされている中田でした。
それなのにそれなのに、たまたま打線がツボに嵌ったのか、はたまた昨日の仕返しか、携帯で初回しかチェックできませんでしたが、更新するごとに点が増えていくのに唖然(^^;

ちなみに初回の攻撃。
赤星>左2
平野>投安
新井>左適時打(1-0)
金本>四球
葛城>左適時打(3-0)
鳥谷>右中間適時打(4-0)
矢野>左越え適時打(6-0)
関本>右犠飛(7-0)
杉山>三振
赤星>2ゴロ
打者一巡してますけど(30分近くかかっているらしい)・・・はて?中日にはもう一人「中田」がいたかいな?というくらいボッコボコにしてるんでかえって違和感が(苦笑)。
3回も3連続安打で1点失って満塁から押し出し四球とかしてるし、中田らしくなかったなあ。どうしたんだろ?


阪神の先発は杉山だったんですが、相変わらずナゾの人です。
普通初っ端にアレだけ大量援護貰ったらノリノリになりませんかね?
なのに7点取ってもらったすぐあとに2失点(WP含む)、7回には3連続ヒットで2点を返され「足がつって」降板・・・・・なんやそれ(ーー;
その後はリリーフした能見(おお、ひさしぶり~♪)がしっかり抑えたからいいけど。いや~、その投球が継続できるならくぼ~たと代わらない?

矢野様が猛打賞取って3打点ってのが何気に嬉しい(*^^*)
せっきーと葛城に2打点付いてるのもね。


おまけ。ヤフーよ、巨人が3位になったくらいでネットに乗っけるな。あ、もしかして巨人への厭味?なら構わないけど。

ますます北京五輪への興味が薄れる

男子体操のNHK杯兼五輪最終選考会で水鳥寿思が2次選考会で痛めた肩の調子が思わしくなく、16位に後退。五輪出場がかなり厳しくなってしまいました。
ニュースでチラッと見ただけですが、あん馬の着地でも身体を十分に持ち上げられないし、跳馬でもマットをはみ出してたり・・・ほんの一部を見ているだけでも辛かったです。鉄棒でも落下があったようですし。

アテネ後、冨田が不調な時期は実質的にこの人が日本体操陣のエースでしたし、バラエティ番組などで見せるどこかとぼけたキャラクターも好感が持てる人なんですが、これも運なんでしょうかね(;_:)


しかし、柔道の野村は出ないし、水泳の山本は出ないし、これに水鳥が加わって・・・見る楽しみが減るなあ。

く~ぼ~たぁぁぁぁぁっ(怒)!!

【阪神2-3x中日(延長10回)】
久保田め!せっかく岩田が粘りの投球してたのに、
勝ち投手の権利までフイにしおって~~~!!
よりによって中村ノリに同点タイムリーなんか打たれおって(--*

兄貴の先制タイムリーも、
新井の猛打賞も、
鳥ちゃんの貴重な追加点ソロも、
岩田の頑張りも、
み~んな帳消しじゃないか~。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


ばかああああああ!!

どうせなら逆がいいな

国際スケート連盟(ISU)は08~09シーズンからジャンプの基礎点を引き上げることを発表しました。同連盟の技術委員会が難度の高い技への挑戦を促進し、相応の得点を与えるのが目的。
ただし、あくまで成功すれば高得点になりますが、失敗すれば(特に転倒ともなれば)大幅に得点が下がるのでより完成度を求められる改定になっています。

《一例》
3A・・・(旧)7・5→(新)8・2   +0・7
4S・・・(旧)9・5→(新)10・3  +0・8
4T・・・(旧)9・0→(新)9・8   +0・8

上から
浅田真央・中野由加里、
安藤美姫、
高橋大輔
が飛ぶ可能性のあるジャンプです。

でもなあ、個人的には余り歓迎したくないのよね。
フィギュアスケートってジャンプだけで決まるわけじゃない。
スピンもあればステップもある。芸術性だって求められる。

実際の滑り見てて、あまりジャンプをバンバン飛ばれると何かこう、明らかに得点狙ってるのがミエミエで逆に興味削がれてしまう。3連続ジャンプなんて正直プログラム中1回だけで十分(ISUさん、3連続コンビネーションにも規制お願いします)。
この上ジャンプの基礎点まで上げられたら、ますますジャンプ祭りに拍車がかかりそう。ジャンプ至上主義はんた~い!!

個人的に上げて欲しいのはスピン、スパイラル、ステップ、芸術点の方です。
上がっているものもあるんですけど、ジャンプに比べれば上げ率が低いんですよね

ここまでとはね・・・(悲)

皆様ご存知のようにいろんなものの価格が上昇しております。
免許だけ持ってる家主には、とりあえずガソリン価格の影響はありませんが食料品だけは皆様同様影響を被っております。

で、久しぶりに99ショップへ行ってきました。
既にオリジナルブランドの小麦粉が同額で300g減らして販売されているのは知っていましたが、パスタコーナーを見て唖然。
前はスパゲティだけでも国産・輸入含めて5~6種類はあったはずなのにたった2種類しかない!
しかも国産は200g(前は400gはあった)!
輸入品は500gで224円!
た、高いっ!!!
まだ若干業務スーパーの方が安いな(500g189円である)。

他にもよくよく見ると、日清シスコだっけ?
バターサブレ、ココナッツサブレ、セサミサブレの量が減ってる!!
が~ん、あれ結構値段の割に量があるから好きなのに。

99も苦肉の策でしょうけどね・・・。


あ、そうそう。
バターが本当にスーパーにありません。
製菓用に購入している400gブロックが成城石井から完全に消滅しています(というか無塩バターが全く無い)。
お、お菓子が作れん・・・orz
スライスチーズも値段は同額でも枚数減らしてるんで結局値上げ。
政府がようやく国内メーカーに増産要請したけど、乳製品の高騰は前々から言われていたことなんで、対応としては遅い!

たのんまっせ福田さん。

ナゴドで快勝

【阪神9-1中日】
木曜日、ヤクルト相手に今季初めての同一カード負け越しを喫しましたが、さほどきにしておりません。いつかはそんなこともあるだろうと心構えが出来ていたのと、そろそろ選手の疲れが出始める頃かな~と予想してましたし。そして何より、

去年の今頃は悪夢の9連敗真っ最中だったじゃないか。

それに比べりゃマシやん。ね。

今年のヤクルトはアレだけ主力選手が抜けたというのに、恐るべし粘りを見せてます。舐めてかかると怖いぞ~。


さて、今日の試合。
初回に幸先良く新井の2ランで先制。3回には今日はスタメン出場だった今岡の犠飛で追加点。4回には何と(打つとは思わなかった)平野の移籍後初の本塁打が3ラン。お、平野はプロ初本塁打もナゴドなんですな。これからもじゃんじゃん打ってくださいな(ナゴドで)。今日は6打数4安打打点3の大活躍。もう赤星との1・2番コンビはこの2人以外に考えられません!最終回にも鳥谷・矢野・関本の3連続安打で満塁にしてフォードの代わりに育成選手から昇格したバルディリスが押し出し死球という初打点はついたもののいた~いデビュー(^^;新井が本日3打点目のタイムリーで〆。投手陣は先発安藤がウッズにソロこそ浴びたものの、あとは5安打を散発に抑えました。味方の大量援護もあり、久保田と藤川を出す展開でもなくなったため、最終回のマウンドに上がったのは江草でしたが、和田・李・中村ノリを藤川ばりの三連続空振り三振に切って取る大活躍。二人ともグッジョブ!9連戦の初っ端をいい形で迎えられました~♪

珍しく意見が一致しますなあ

先日上野動物園で飼育されていたジャイアントパンダのリンリンが22歳で亡くなりました。
で、石原都知事がいつもの調子でバッサリ言っちゃってます。

「生きているものは必ず死ぬんだから、パンダだって死ぬだろう。別にそれをみんなで大泣きして悲しむほどでもないじゃない」
これはちょっとキツイですが、

「何もパンダ様々で、ご神体じゃないんだから、いてもいなくてもいいじゃない。そんなもんは、どうでも」
これにはアンチ都知事な家主も家主も賛同いたします。

だってねえ、ここ数日のことですよ。
・1つがいにつき年間1億円を貸与料として中国に支払う。
・子供が生まれても子供の所有権は中国にある。
この事実知ったら馬鹿馬鹿しくなっちゃってさ。
確かにパンダは愛らしいしパンダに何の罪もないが、普段飼育にかかる費用と、人工繁殖にかかる費用だけでもバカにならないのに、中国の「貸してやってるんだ!」と言わんばかりの高圧的な態度。しかも貸与料って税金から出るんでしょ?
中国にもパンダ保護センターあるんだから、中国の生き物は中国に任せればいいじゃない。何で日本がお願いしてまで協力しなきゃいけないのさ。

福田さん、リンリンの代わりのパンダなんて要らないです。もっと早急にやることが山積みなのに、どうでもいい事には対応早いのね・・・。
ついでにコキントウさん、日本に来なくていいです。
な~にがパンダ外交だか(呆)。《追記》日本生まれで日本にいるパンダ・アドベンチャーワールド(和歌山) 良浜(ラウヒン)♀ 幸浜(コウヒン)♂ 愛浜(アイヒン)♀ 明浜(メイヒン)♂ ※ただし、現在は中国に戻された雄浜、隆浜、秋浜を含み母親は同じだが良浜だけは父親違い。現在日本で見られるパンダ・アドベンチャーワールド(和歌山) 上記4頭にくわえ、良浜以外の子供たちの父である永明(エイメイ)、良浜を含む全ての子供たちの母である梅梅(メイメイ)を含む6頭。・王子動物園(兵庫) 興興(コウコウ)♂ 旦旦(タンタン)♀
プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。