スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶

当ブログを訪問してくださった方々、
書き込み&TBしてくださった方々、
重ね重ねお礼申し上げます。多謝。

すっかりスポーツブログと化している当サイトではございます。
だって今年はトリノオリンピックに始まり、最初は興味なかったはずのWBC、W杯、高校野球と熱狂しまくるネタが満載でして(←言い訳(^^;))。
来年はブログ名通りに・・・します。多分(おい!)。
つーか、五條女史、発刊ペース早すぎるんです(ひぃ~!)。

でも春になったらまたセンバツとプロ野球に忙殺されるんだろうな(^^;



ではでは皆様、お寒いですがよいお年をお迎えください。
あ、とくにノロウィルスはまだ治まってませんからね。ご注意ください。
来年もどうぞ良きお付き合いのほどよろしくお願いしますm(__)m。
スポンサーサイト

スポーツ大会もノロの嵐

全国中学駅伝で7チームが棄権または途中で棄権。
同じく高校駅伝ではマスクをはめて行進するチームあり・・・。
そして、ただいま開催中の高校ラグビーにまでノロの影響が。

今日1回戦で天理と対戦した盛岡工(岩手)の選手21人や部長(42)ら計23人が、腹痛やおう吐などの症状を訴え、21人の選手の内9人は試合に出場したものの、中には試合中にグラウンドでゲ○してた選手もいたとか・・・・・。
しかも試合は19-5で敗退(涙)。

普段スポーツで鍛えてる(しかも屈強な身体のラガーマンなのに・・・)若者ですらノロの猛威は容赦ないですね。幸い入院が必要な選手はいなかったようですが、それにしても花園を目標に勝ち上がってきた選手達が、特に最後の大会になった3年が気の毒でならない。
ノロ対策は十分してたろうに。
日本中ノロだらけだしなぁ。

高校サッカーも心配だ。
あ、箱根も。
春先までノロの脅威は治まらないらしいですよ。
くわばら、くわばら(>_<)

テレビが来たぞー!

やはり20型にして正解でした。
配送にきたおっちゃんが線を繋いでくれました。ありがとうm(__)m。
一人じゃ無理っす。わがんねっす(^^;

で、
映り具合を試してたおっちゃんが思いもよらぬ一言をぶっちゃけました。


「ん~、どうも映りが悪いってのはテレビがどうのというより、

建物に届く電波が弱いんですなぁ。」


Σ( ̄ロ ̄lll) ナンデスト?!

まぢで?
いや、越してきた頃はちゃんと映ってましたで。
しかし、おっちゃんの言葉を証明するかのように、アナログ受信具合(画面に表示できるようだ。そんな機能もあんのね)の数値が50近くあればいいそうだけど何局か30台までしか電波を拾わない。デジタルでも時折ノイズが入る。
建物の配線具合で状況は異なるようらしいが・・・。

でも画像は劇的に綺麗だ~♪
ただ・・・ただし・・・・・。
今のビデオデッキでデジタル録画ができんっ(^^;
やはりHDDレコーダーも一緒に買っとくべきだったかしら?




おっちゃん、無茶苦茶タバコ臭かったで!!それで、大掃除で出てきた香水をぶしぶし部屋に撒いて臭い消しにしたら、撒きすぎて臭かった(爆)!!

やっぱり・・・

松坂がレッドソックスのユニを着用して某ビールCMを撮影(来月下旬から放送予定)。なんでもヤンキース松井との対決という形の内容らしい。
旬の人を題材にしてきたCMシリーズだから何ら不思議はないが、





松坂よ、予想はしてたけど

肥えすぎやで!

買っちまったい

本日テレビの購入契約してきました。AQUOSの地デジ対応の20型っす。
冷蔵庫に続いて今年2つめの家電購入です。ま、ガタがきたんでしょうがないんですけどね(^-^;

29日に来る予定です。
HDDレコーダーも欲しいんだけど今回は後回し。テレビコーナーの一角に人だかりができているから何かと思えば…あぁ、今日は有馬記念だった(笑)ディープ強すぎ( ̄▽ ̄;)

粋な計らいだねぇ

サッカーのトヨタカップはブラジルのインテルナシオナルの優勝で幕を閉じました。
決勝で惜しくも敗れたロナウジーニョ始めスター軍団のバルセロナ。さすがのロナウジーニョも悔しそうでした。

しかし、日本からはるか離れたスペインではちょっとした騒動が起こっていたようで・・・。



少年12月18日付のバルセロナ寄りの『ムンド・デポルティボ』紙に一面トップでバルセロナの敗戦に号泣するとある日本人少年の写真が掲載されるや地元では想像以上に大きな反響を呼び、20日にマスコミとの懇親会を持ったバルセロナのラポルタ会長自らが「この子を探し出してもらいたい。何らかの贈り物をしたい」と要請。これを受けたクラブは日本のソシオ(クラブ会員)や関係者にその少年を探し出すための協力を仰ぎ、21日にはそれが誰であったのか明らかに。少年が誰かは公表されていませんが、バルセロナの凄さに驚くやら感嘆するやら・・・・・。海外の、新聞に掲載された一少年を探せってだけでもその労力を想像するだに大変なのに、敗戦に涙する少年の応援に感謝し、応えたいっていうビッグクラブの真摯な姿勢がもう・・・泣ける。22日の『ムンド・デポルティボ』紙には1ページにわたる記事が掲載され、バルセロナがこの少年をホームスタジアムであるカンプ・ノウの試合観戦に招待する意向と掲載。大好きなバルセロナの本拠地で試合が見られて、多分チームの計らいで主力選手との面会も予定されているでしょう。観客で埋まったスタジアムで紹介されちゃったりなんてするんだろうか?多分保護者分も含む飛行機代と宿泊費もバルセロナ持ち、だろうなぁ。す、凄いぞ少年。とんでもなく大きなクリスマスプレゼントだ(^^;海外のビッグクラブってスケールでかぁ~(ははは)。

さて、春に向けて動くべさ♪

来春のセンバツ前哨戦の告知~。



入場行進曲予想やります!


当たった方はトト予想ポイントにボーナスポイントとして加算します。(締め切りに間に合わなかった方はトトのみの得点となります)
締め切りは発表日時がわかり次第掲載します。
1月の2週めあたりが可能性大です。
センバツトトルールもおいおい掲載します。


3択がいいですか?5択がいいですか?
あ、その前に今年何流行ったっけ?
とりあえず浮かぶのがNANA絡みとすまっぷ。
あれ?タキツバのVENUSはいつだったっけ?
まさか・・・いくら何でも「トゥーランドット」はないだろう(^^;


なお、各自これかな?と思われる候補曲の討論はご自由に行ってくださいまし♪

なんとも尻すぼみなGPファイナル・フリー

こんなに異常事態の続いたGPファイナルも初めてですわ。
男子は高橋が2位、織田が3位。女子は浅田が2位とはいえ、日本勢は揃いも揃って謎の体調不良(まさかノロじゃなかろうな・・・)で次々脱落。
更に競技会場のリンクも硬かったんでしょう。男子シングルのライザチェクが練習中に故障してSPから棄権、原因は不明ながら同じアメリカのウィアーもフリーを棄権。男子は4人でフリーを競うというなんとも盛り上がりに欠ける状態に。

男女ともシングルは一番ミスの少なかったユベールとキム・ユナですが、その2人にしても本来のスケーティングじゃなかったし・・・一番ミスが少ない縁起したから勝ちましたけど個人的にはちと不満。


一応ビデオ撮ったけど消そうかな・・・・・。


なお、全く放送されないアイスダンスとペアは、
アイスダンスがブルガリアのデンコワ&スタビスキーが逆転優勝。デュブリュイユ&ローゾンは2位(涙)。3位にドミニナ&シャバリン。
ペアはラストシーズンの申&趙がSP・フリーともに1位で圧勝。サブチェンコ&ショコルビーがSP4位からフリーで巻き返して2位。トリノ銀のザン&ザンはフリーで逆転されて3位。



GPファイナル・男子SP

まず・・・テレ朝の放送体制酷いわ。
3位のアルバン(名字の読み方わかんない)は映像流さないわ。
ライザチェクは棄権したことすら触れないし。
男子なめてへんか??


以下、結果。


【1位・ブライアン・ユベール】あの~、家主さん、独自性のあるそのプログラムすごく好きです。しかし、トリノより小さくなって目立たなくなっているとはいえ、「007」のスパンコール飾りはやめろ~!!それさえなければ黒を基調に所々レザーっぽい光沢生地でアクセントをつけた近未来SFちっくな衣装がすごくお似合いなのに・・・顔良し、技術良し、表現力良しなのに唯一の欠点がその衣装!(--*さて、競技の方は最初の4回転・3回転のコンビネーションが4回転(手つき)・2回転になってしまった以外はミスがありませんでした。4回転が認められた分、ノーミスの高橋よりも上位に終ったんでしょう。トリノではプレッシャーに負けましたが、今季は絶好調です。フリーで4回転3つやるんでしょうか?そうなると織田・高橋も綺麗な4回転を決めないと勝てませんし、きつくなります。【2位・高橋大輔】ノーミスの見事な演技でした。ジャンプの回転軸はしっかりしてるし、着地もスムーズ。スピンも早いし、ステップもキレがありました。SP1位の座はユベールに譲りましたが、差は1点もありません。フリーもがんばれ!しかし、テレ朝のせいか国際映像のせいかはわかりませんけど、高橋のダブルアクセルが8割がたフレームアウトという珍事。カメラマン出て来い!あんたプロでしょ(激怒)!【3位・アルバン・(読み方わかりません・・・)】テレ朝が放送しなかったので全くわかりません!滑ってたんなら放送しろよ。選手にも失礼やんか。【4位・織田信成】滑走後の本人いわく「調子は悪くなかった。良すぎて練習のような感覚で滑っちゃった」とのこと。リラックスしすぎたってことでしょうか?ジャンプを2ヶ所ミス(涙)。芸術点がそこそこもらえているだけに要素の正確さを競うSPで2つのミスは痛い・・・・・。【5位・ジョニー・ウィアー】何が、どうしちゃったんでしょうね~。最初のトリプルアクセルは完璧に決めたのに直後の何もないところで転倒!当然問答無用で1点減点されます。これで動揺したのかトリプルフリップが2回転。動きもどことなく重い。実力どおりなら、この面子で最下位ってのはまずありえないのですが。テレ朝、どうして彼だけ形容詞が普通なんですか?他の選手には恥ずかしい形容詞就けてるのに「全米チャンピオン」って・・・それだけ?「氷上のバレエダンサー」とか「銀盤の白鳥」とかそんなんないんですか?

ださっ!!

高校野球ファンには東北の強豪校として知られる秋田経法大付。
その学校法人「秋田経済法科大学」(小泉健理事長)が12日、平成19年度から大学と法人の名称を「ノースアジア大学」に変更すると発表した。
名称変更は、20年度に観光科が新設されるのを機に従来のイメージを一新するのが狙い。日本・アジア・世界に目を向けた教育活動を目指すことから「アジア」を付け、さらに、東北地方の「東(イースト)」か「北(ノース)」で悩んだ末、「『北』が学校名ではあまり使われていないことから、新鮮」との理由で「ノース」に決定したという。(ZAKZAKより)

ここまでで既に関係者のネーミングセンスを疑うダサさ。
付属幼稚園は「ノースアジア大学付属のびのび幼稚園」とさらにグレードアップしてダサい!
そして・・・肝心の付属高は所在地の同市下北手桜にちなんで


「明桜高校」ってあーた・・・・・。




なんじゃそりゃあぁぁっ!!

旧校名の欠片はおろか、

どこの府県にあるかもわからんやん!!!


韓国などアジアからの留学生が多い同大。
大学側は「外国人がすぐ理解できる」としているが、
その分日本人にはわかりにくくなってるんですけど?

家主さん悩む②

テレビちゃんが寿命のようです。
2・3年前から音声が聞き取りにくくなってはいたんですが、先月あたりから画面が徐々に砂交じりに。最初はNHKだけだったのに徐々に拡大中。
なんだかんだで10年は使ってる代物なんでねぇ~。

で、買い換えるために家電店放浪してきたんですが、最初はただの液晶にして後でチューナー買い足すつもりだったのが、結局チューナー内蔵液晶を最初から購入するのと大差ないのですよ
結局下見だけでパンフ貰って帰ってきました


液晶地上波デジタルチューナー内蔵で、
①パナソニックVIERA15型 59800円
②シャープAQUOS15型 64800円
でお悩み中。
すんなり安い方に決められない理由がパナソニック(というか松下系家電全体)への不信感。
大昔、S-VHSデッキが半年で壊れた苦い経験があるのよねぇ。

若トラ7人誕生

阪神は11日、大阪市内のホテルで新人7選手の入団発表を行いました。
2007年若トラ
希望枠の小嶋達也が井川の背番号「29」を継承。
入団連絡を受けた際の着メロが「六甲おろし」だったり、
社会人野球の日本選手権終了後の現在は大阪ガスで「本来は事務系ですが、外にファンヒーター売りに行ってます。(営業は)難しいですね!とりあえずノルマがあるんで…」とコメントするなど中々にお茶目な面もあるようです。今からお立ち台が楽しみ。ふふふ♪

智弁和歌山高では腹筋・背筋1日1000回がノルマだったと言う橋本は、入団前の体力測定回で背筋234キロをマーク・・・・・肩の方も期待できそうです(^^;

【大学生・社会人】
希望枠 小嶋達也投手(21)=大阪ガス、180センチ、72キロ、左投げ左打ち、背番号29
▽3巡目 上園啓史投手(22)=武蔵大、180センチ、80キロ、右投げ右打ち、41▽4巡目 清水誉捕手(22)=関学大、177センチ、75キロ、右投げ右打ち、45
▽5巡目 大城祐二内野手(21)=TDK千曲川、172センチ、74キロ、右投げ両打ち、63

【高校生】
1巡目 野原将志内野手(18)=長崎・長崎日大高、184センチ、85キロ、右投げ右打ち、37
▽3巡目 橋本良平捕手(18)=和歌山・智弁和歌山高、182センチ、89キロ、右投げ右打ち、38
▽4巡目 横山龍之介投手(18)=新潟・日本文理高、182センチ、76キロ、右投げ右打ち、68

結局あんたも巨人かい・・・

門倉の巨人いるが正式に決まりました。
これでまた出番の無い若手が犠牲になるのね。
それ以上の感想はないです。

そしてもう一人。
日ハムから4順目で指名されていた日大の長野(ちょうの)久義が結局日ハムとの交渉を拒否し、社会人野球のホンダへ入団する意向を日ハム側に伝えました。
まあね、本人がどうしても巨人に拘ると言うんだから家主さんがあれこれ文句たれても仕方ないけど・・・・・2年後の保証があるとは限らないし、日ハムの指名ってそんなに悪くないんだけどな。第一、巨人ががむしゃらにでも獲得してくれなかったわけだし、評価は上位の選手よか下だったってことでしょ?



そ~んなに今の巨人がいいかぁ!?


ウチなら少なくともナ○ツネが生きてる間は行こうとは思わないけどね。
原さんも去年の起用法でか~な~り~幻滅してますし。

「氷上のバレリーナ」全日本選手権へ

フィギュアスケートの2004年四大陸選手権の覇者、太田由希奈(同大)がリンクに帰ってきた。足の故障から2年ぶりに復帰。11月の西日本選手権で3位に入り全日本選手権の出場権を手にした。
03年に世界ジュニア選手権を制している、ということは浅田真央よりも先にジュニアの頂点には立っているわけです。しかしその後、オーバーワークで足に炎症を起こし、全日本選手権はおろかトリノ挑戦も断念。周囲に進められたアメリカ行きが契機になり一度は諦めかけたスケートの道に戻ってきました。

「今でも他人を見るとうまく感じる。けど、たまに自分の演技をビデオで見て『捨てたもんじゃない』って。前はそんな心のゆとりはなかった」

表舞台から2年の間遠ざかっていた間の経験を成長の糧としたコメントです。
どちらかといえば村主や中野に近い感じでしょうか。
世界レベルでも日本レベルでも熱いですねえ(^^;

「SPORTS Yeah!」廃刊!?

うそん!
うそやろ?
結構質のよろしい記事載りまっせ。
W杯特集も、高校サッカーを制した野洲高校監督の記事も面白かったでっせ。
トリノオリンピック前のどんちゃん騒ぎで「NUMBER」の姿勢に疑問を持ち出したせいもあって最近お気に入りのスポーツ誌なのに。

角川書店が“分社化”することに伴い、採算の悪い部門(雑誌)を整理することになって、「SPORTS Yeah!」も、その対象になったということらしいです。
分社化しなければ、継続されていた可能性もあったようなので実に勿体無い。
ライターやカメラマンの視点や系統の異なる様々なメディアが切磋琢磨するからいい記事やいい雑誌が生まれてくるんだと思うのですが・・・。

右へ倣えのメディアばっかじゃつまんないやい!
スターと対極にあるものに焦点当ててもいいじゃないか。


http://www.tamakimasayuki.com/sport.htm
(玉木正之氏HPより)

多村・寺原トレード

横浜とソフトバンク両球団は5日、多村仁外野手(29)と寺原隼人投手(23)の交換トレードに合意したと発表した。横浜は10勝投手の門倉がFAで抜け、先発投手の補強が何よりの強化ポイントだった。一方のソフトバンクは主砲ズレータが自由契約となり、右打ちの長距離砲の獲得が急務だった。そんな両球団の狙いが合致して今回のトレードが決まった。本人が同席しての入団発表は7日に予定される。 (日刊スポーツより)


ソフトバンクはズレさんとの再契約が成立しないという前提の基でのトレード!?
横浜は門倉の巨人行きが前提!?
地元横浜高出身の多村、宮崎出身で九州が本拠地のソフトバンクに身を置く寺原。成立すれば両者とも地元を離れることになります。

う~ん・・・このトレードどうなんかなあ?
WBCで活躍し、スター性があるとはいえ多村は怪我多いし、
寺原も鳴り物入りで入団したものの怪我で出遅れ。
しかし両者ともまだ選手生命は残っていると思うし・・・う~ん。
何となく横浜の方が損してんじゃないかと・・・大矢さんの真意はいずこ?

甲子園であわや・・・

甲子園で事故
http://www.asahi.com/national/update/1205/OSK200612050032.html

まずは亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

積荷の長さは荷台からみ出しており、左右の片側の仕切りを倒していた。
ペット茶を取ろうとして一瞬だけわき見をした。
徐々に経過が明らかになるにつれて運転する側の認識の甘さが出てきますね。


家主さん、シーズンには良く並ぶオレンジシート販売口だけに寒気走りました。
これがオンシーズンなら・・・
これがあと2時間も後なら・・・
考えたくもありません。
つい先日あった整備不良のタイヤが破裂して4歳の男の子が重傷を負った事故といい、負傷者に何の過失もない重大事故が多いです。しかも加害側のほんのちょっとした不注意が元で。
下手に大型車両の近くを走るのも怖いです。

誰やこれっ!!

ogasawara太くした原口あきまさみたい・・・・・。


いやや~!ヒゲあるほうがいい~!!

男子も日本勢独占

【NHK杯男子シングルフリー】
NHK杯男子
いやあ、とにかく萌え・・・いや燃えた!
トリノ銀のランビエールが欠場したとはいえこれほどハイレベルのフリーになるとは思ってませんでした。テレビの前でのだめ(のだめカンタービレの、ね)のよーに奇声連発。高橋vs織田の一騎打ちかと思いきやそれ以外にも見所あり。これほど興奮したNHK杯もないです~(欲を言えば去年であって欲しかった・・・あ、でもそれだと織田ちんの号泣とライザチェクくんを知る機会はなかったわけで)。


男子も女子に負けず面白いやんか!!



ではでは試合の模様について。


1位・高橋大輔>この人も安藤同様トリノの失敗をバネにして成長しましたね。最初の4回転トゥループをクリーンに決めた時点(0・6加点されてました)で織田ちんファンの家主さん血の気引きました(^^;これまで大舞台のプレッシャーに弱い部分のあった高橋が4回転決めた時点で嫌でも成長っぷりを認めざるを得ないんですもん。その後のジャンプの全て決め、後半のストレートラインステップに入る前のスピンに疲れが見えたものの(やっぱり0・12引かれてる)、気になったのはそこだけ。あとはスピンもつなぎの滑りも文句なし。技の難度では織田の上をいってましたからその差ですね。昨年フリーで織田に逆転された悔しさを見事晴らしてPB更新でNHK杯初制覇。おめでとう~♪2位・織田信成>滑り終わった時点で織田ちんの連覇を確信したのですよ。ジャッジ表みても全ての要素でGOE加点がもらえるほど、軸のぶれないキレのいいなめらかな着地のジャンプ、回転の速いスピン、昨年は少し少年っぽさが残ってた雰囲気が随分大人びた。この人も着実に成長していってます。高橋と同じ大学で同じリンクで練習できる環境がお互いにいい刺激を与えてるんじゃないでしょうか?彼もPB更新です。3位・小塚嵩彦>今シーズンからシニア転向した昨年の世界ジュニア優勝者。とりあえず初見。最初のジャンプに入る前の滑りだけで「この子、いけるんちゃう?」の予感(この感覚はプルシェンコ以来かも)。何でもないところでスピード出してなめらかに滑れる人は大概上手いのが家主さんの自論。ジャンプ時の膝の柔らかさといい、表現力といい、タイプ的には織田に近いスケーターと見受けました。最初のコンビネーションがオーバーターン気味で、2つ目のコンビネーションの着地が突っかかって減点されてはいるものの、質のいい滑りをします。SP3位の李が後半スタミナ不足で脱落したので逆転。面白い新鋭が出てきました。あれ?表彰台の3人ともPB更新やん。その他>ケビン・バンデルペレン>昨年からお気に入りのスケーターです。ジャンプが決まれば見ごたえのある人。今まで見た中で一番よかったんですが~、3サルコウ+3トゥループ+2トゥループのコンビネーションがルール上引っかかったために点数抹消・・・・・これがなければもっと上位で終れたんですが・・・残念。アレクサンダー・ウスペンスキー>ポスト・プルシェンコの一人といったところでしょうか?ロシア人特有の王子様ちっくな雰囲気とレベルの高さは伺えますが、まだシニアの雰囲気に慣れてないかな~といった印象。ちょっと痩せぎすな体格が気になります。もうちょっと筋肉がほしいです。

NHK杯開幕

とはいえ、ペアの放送予定ないみたいですけどね(--*
大ベテランの渡辺・木戸組がいなければアイスダンスの放送すら怪しい(怒)。
ペアもいいんだぞ~。トリノ銅の申・張ペアのラストシーズンなんだから~(:_;)

しん・ちょうペア

その申・張ペアはトータルで約9点の差をつけ、SP、フリー共にトリノ銀のザン・ザンペアを寄せ付けずぶっりぎりの優勝♪
おめでとう~!!

このお二人は何度も日本に来てくれました。
あのスロージャンプの高さと距離、ツイストのキレ。
ダイナミックさでは文句なく世界一のペア。
今のところ情報ないけど引退後どうするんだろう・・・・・。



以下、女子SP。
1位 浅田真央>アメリカ大会よりも緊張は取れてました。動きがスムーズです。しかし、GPファイナルに出るためには最低でも2位確保が条件です。フリーでいかにプレッシャーに打ち勝つかが勝敗の分かれ目になるでしょう。今更言ってもしょうがないけど眉毛どうにかならへん?衣装どうにかして。すっごい肩が張ってるの目立つから・・・・・。コーチも変えてほしいんだけどなぁ。2位 村主章枝>今シーズン初めてまともに滑る映像が見れました!女子フィギュアを支えてきた功労者なのになんでこうも扱いが低いんだ(ぶつぶつ・・・)。それはさておき、「ボレロ」とは難曲に挑んだものですね。同じ主題の繰り返しなのでプログラムを工夫しないと単調で退屈になってしまうだけに難しいと思います。しかし、そこは長年の経験を織り込んだ表現力でドラマチックな展開に持ってくるあたりは素晴しい。この人はホント、毎年違うものにチャレンジする探究心には脱帽ものです。3位 中野友加里>なんとSP終了時で日本人選手が上位を独占してしまいました。ジャンプのミスはなかったのですが、彼女にしては珍しいことに得意のスピンでバランスを崩すというミスがでました。それさえなければ村主ちゃんと競ってただけに惜しい!やっぱり今季のSPプログラムと衣装はいい!

早実よ、あんたんとこもか!

今夏の全国高校野球選手権大会で優勝した早稲田実業の1年生部員1人が盗みをしていたとして、日本高校野球連盟が同校野球部を厳重注意していたことが30日、分かった。日本高野連によると、部員の盗みが発覚したのは夏の甲子園が終わった後だったが、同校から東京都高野連を通じて報告があったのが10月上旬。このため、報告の遅れた野球部長も厳重注意した。この件は10月の日本高野連審議委員会で話し合われたが、対外試合の禁止処分などを決定する日本学生野球協会審査室への上申は見送られた。(毎日新聞より)

もう怒り通り越して呆れます。
まず、問題を起こした少年>育英の強制わいせつ事件同様1年生部員でした(ベンチ入りはしてません)。そのときにも書いたけど、
あんた、何のために野球の名門校に入ったん?
自分だけ目立ってヒーローになれればいいん?野球は一人じゃ出来へんねんで?
早実の先輩の活躍や、伝統のユニに憧れたんちゃうの?
どうして長年積み重ねられてきた名声に泥塗る真似できるのよう・・・。

早実および高野連>問題発生は8月下旬。なのに高野連に報告されたのが10月上旬。いくら何でも間が開きすぎ。
駒苫との稀に見る死闘を制し、斉藤人気も沸騰している最中に問題発覚してフィーバーが冷めるのを恐れたんでしょ?早実は名門の名を維持するために、高野連は高校野球人気を保つために。自分の面子しか考えてないんかい(怒)!


高野連と学校関係者には改めて衿を正してほしいと思う事件でした。
プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。